スミダマンのほのぼの奮戦記

~仕事・家族・自然・経済・趣味~あらゆる出来事をフラッシュバック。

浦和エリア旨い店シリーズ ~番外編125~

2016-11-07 06:24:51 | 食~番外編(県外)

ガーデンハウス藤苑

北海道斜里郡斜里町光陽町69-5

TEL 0152-23-2035 完全予約制

天に続く道をしばらく行くと、北海道名物の漁師料理、ちゃんちゃん焼きを

食べさせてくれる。「ガーデンハウス藤苑」に到着。

ここは完全予約制で、店の一番奥に入った所に一見すると倉庫を

改造した様なだだっ広い食事処がある。ひょっとしてこの旅の

生きがい大学の為にリニューアルしたのか、結構真新しくなっている。

そう言えば、泊まった両旅館も、リニューアルしたばかりの部屋であったのを思い出した。

北海道の郷土料理ちゃんちゃん焼きは秋鮭がメインの漁師料理。

ニジマスを使うこともある。野菜はキャベツ、玉ねぎ、長ねぎ、もやし

ピーマン、人参などを使う。鮭の一尾分の半身を、バターをとかした

鉄板で焼き、野菜と混ぜ合わせ焼く。その後さらに

アルミホイルなど蒸し焼きにし特製の味噌と和える素朴な料理だ。

ちゃんちゃん焼意外に北海道らしい「いかソーメン」「男爵いもの肉じゃが」が

サブメニューとして添えてあったが、特にじゃがいもは特産で

旨みがちがった。ちゃんちゃん焼は2007年農林水産省主催の

「農山漁村の郷土料理百選」でジンギスカン、石狩鍋と共に

北海道を代表する郷土料理として選出された。

作り方はいかにも漁師料理らしく素朴で荒っぽいが

食材の鮭が新鮮な為、マイウーと思わず口から漏れてしまう程、

美味しかった。味噌の味によっても味はかなり左右される料理だ。

ちゃんちゃん焼の語源は諸説有る。

①お父ちゃんが焼くから ②ちゃっちゃ(素早く)と作れるから

③漁師の親方の目を盗んでちゃんちゃんこで身を隠して作るから

④鮭を焼く時、鉄板がチャンチャンという音が立つから。 等々

 

 

ここでも食の北海道を満喫でき、次のお菓子の

工場見学、お菓子の製造体験へ向かった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知床国立公園 | トップ | 福太郎㈱小清水北陽工場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食~番外編(県外)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。