興味津々心理学

アメリカ発の臨床心理学者黒川隆徳によるあなたの日常の心理学。ご質問、感想、お問い合わせなど、お気軽に。

精神力動的アプローチによるサイコセラピー入門(セミナー)

2017-04-24 | 横浜出張カウンセリング

*2017年4月26日現在 

ご好評により、部屋を拡大したため、20名までご参加可能になりました。残り4名様まで受け付けております。

*2017年4月26日現在

参加者多数のため、自己紹介、アクティビティ、質疑応答などにより多くの時間が掛かることが予想され、時間を延長しました。新しいスケジュールをご覧ください。


皆さん、こんにちは。

今回は、精神力動的アプローチによる心理カウンセリング入門のセミナー開催のお知らせです。

セミナーと言いましても、定員10名 定員20名程度の、非常に小規模なものを予定しています。ただの講義ではなくて、受講者の方が気兼ねなく発言したり、受講者同士のディスカッションも盛んな、参加型のセミナーにしたいと思っております。

講義内容は、精神力動的サイコセラピーの基礎について、力動的サイコセラピーの構造、セラピストの心構え、投影、取り込み、投影性同一視、理想化、脱価値化、知性化、行動化、転移、逆転移などの基礎概念や、逆転移をどのように治療に活かしていくか、クライアントの夢をどのように活かしていくか、などはもとより、初回に訪れたクライアントが二回目以降も戻ってきて、きちんとセッションを継続するためのノウハウなど(リピート率90%のセラピストの経験も踏まえてお伝えします)実際的なことも含めて、受講者の皆さんのニーズに沿って、臨機応変に進めていきたいと思っています。

受講資格は、原則として、現在心理学を学んでいる学部の学生の方、これからインターンシップに従事する大学院生の方、現在インターンシップに従事しているセラピストの方、すでにサイコセラピーで生計を立てているけれど、力動的サイコセラピーとは別のモダリティで実践されていて、力動的心理療法に興味のある方、医療従事者の方などですが、厳格なきまりはありません。幅広いバックグラウンドの方にお気軽に参加していただければと思っています。



場所 BUKATSUDO みなとみらい 桜木町

日時 2017年5月5日 13:30-16:30 (3時間)(途中休憩10分ほど)

料金 5000円

定員  10名 20名程度 

ご予約、お問い合わせは、drtakakurokawa@gmail.comまでお気軽に。

アクセス:http://bukatsu-do.jp/access.html


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜カウンセリング 2017年5月28日 (日曜日)

2017-04-17 | 横浜出張カウンセリング

皆さん、こんにちは。

横浜出張カウンセリング、5月分について、お知らせします。

【料金】

(いずれも税込み価格)

個人セッション 1セッション 50分 7000円

※ご希望の方には、スカイプセッションも可能です。料金は6000円になります。


カップルセッション 1セッション 50分8000円

※ご夫婦、カップルどちらでも 

【予約可能な日時】

2017年5月28日(日)

A)10時30分~

B)11時30分~

C)12時30分~

D)13時30分~

E)  14時30分~

※数に限りがありますので、興味のある方は、お早めにご連絡ください。

 

【場所】

横浜駅から徒歩5分の小さな会議室で行います。

※詳細の場所は予約が確定した方にお知らせいたします。

 

【予約方法について】

A)~D) のご希望の時間帯をこちらのアドレス宛にご連絡ください。

メールアドレス:drtakakurokawa@gmail.com

お支払い方法についてご連絡いたします。

 

【お支払い方法について】

ご入金後、予約確定となります。

・銀行振込(ゆうちょ銀行)

・クレジットカード(Paypal)


どうぞよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜カウンセリング 2017年4月16日(日)

2017-04-12 | 横浜出張カウンセリング

*ご予約が満席になりましたので、受付を終了致します。

次回は5月28日日曜日の予定です。よろしくお願い致します。(4月12日現在)


皆さん、こんにちは。

横浜出張カウンセリング、4月分について、お知らせします。

【料金】

(いずれも税込み価格)

個人セッション 1セッション 50分 7000円

※ご希望の方には、スカイプセッションも可能です。料金は6000円になります。


カップルセッション 1セッション 50分8000円

※ご夫婦、カップルどちらでも 

【予約可能な日時】

2017年4月16日(日)

A)10時30分~

B)11時30分~

C)12時30分~

D)13時30分~

E)  14時30分~

※数に限りがありますので、興味のある方は、お早めにご連絡ください。

 

【場所】

横浜駅から徒歩5分の小さな会議室で行います。

※詳細の場所は予約が確定した方にお知らせいたします。

 

【予約方法について】

A)~D) のご希望の時間帯をこちらのアドレス宛にご連絡ください。

メールアドレス:drtakakurokawa@gmail.com

お支払い方法についてご連絡いたします。

 

【お支払い方法について】

ご入金後、予約確定となります。

・銀行振込(ゆうちょ銀行)

・クレジットカード(Paypal)


どうぞよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"LA LA LAND"

2017-04-11 | プチ・映画レビュー

映画はホラー映画以外、洋画、邦画問わず、何でも見るほうで、ここで感想を書きたい映画も本当にたくさんあるのですが、書こう書こうと思っているうちに時間はどんどん過ぎていき、それはなかなか実現せず、気づいたら今に至ります。しかし今回紹介する映画"LA LA LAND"は本当にすごいです。奇しくも前回書いたレビューはこの監督の前作『セッション』で、この若き奇才の作り出す映画は、見たらどうしても何か語らずにはいられないものがあるのだと、改めて実感しました。ネタバレは最小限に心がけますが、これから書くことには、ある程度のネタバレはどうにも避けられないので、この映画をまだ見ていない人は、こんなブログは後回しにして、直ちに映画館にいきましょう。このブログは待ってくれますが、映画は待ってくれません。この映画は、絶対に映画館で見るべき作品です。ある方から、「絶対4DXで見た方がいいですよ」と勧められて、そうしようと思っていたものの、ここ2カ月ぐらい異様に忙しくて、映画館に行く隙もなく、先日遂に行く機会があり、上映している映画館を調べていたら、残念なことに4DXでやっているところは既になくなっていて、仕方なく普通の映画館で見ましたけれど、それにしても信じられないくらいすごい映画でした。想像以上に良かったです。私がここ半年でみた映画のなかで一番良い部類に入るものです。(続く)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

It Ain't Me.

2017-03-31 | 戯言(たわごと、ざれごと)

 大学は春休みで、その日の仕事は午前中で終わってしまったので、昼食を食べに久々に藤沢の街に出てみた。

 いつの間にかいくつもの新しい店がオープンしている。

 だいぶ空腹だったので、目についた『いきなりステーキ』に入ろうと思ったら、店内は異様に混んでいる。意外なことに、客の多くが初老の男性だった。近年の日本の60代、70代は、本当に元気だなと改めて思った。皆とてもうまそうにステーキを食べていた。

 しかしその回転はとてもゆっくりで、空腹はいよいよ本格的になってきていたし、待っているわけにはいかなかった。

 それで次に視界に入ってきた横浜家系ラーメン屋に入ることにした。まだオープンして間もない感じで、客は多いものの店内は広々としていてお洒落で清潔な感じだった。このところラーメンと言えば専ら長浜ラーメンなどの細麺だったので、太麺は久しぶりだった。

 店内は広々としていてお洒落で清潔なだけでなく、店員さんもインスタとか好きそうな若い女性ばかりで、なんだか新しい感じのラーメン屋だった。

 ゆったり目のカウンター席に座ってチャーシュー麺を頼んだ。

 店内は広々としてお洒落で清潔で店員さんはインスタ好きの若い女性というだけでなく、この店の音楽の音響は異様に良いことに気づいた。どうして、といったらラーメン屋さんに失礼かもしれないけれど、こんな風に音響の良いラーメン屋は初めてだった。

 料理が出てくるまでには結構な時間があったので、なんとなく店内を観察していた。

 広い店内のせいなのか、音響のせいなのか、なんだか妙に手持無沙汰な気持ちになり、どうやって時間をつぶそうかと思っていたらチャーシュー麺が運ばれてきた。丼には所狭しとチャーシューが並べられていて、スープは見るからにクリーミーで濃厚で、それはそれはうまそうなチャーシュー麺だったので、iPhoneで撮影した。

 さて、おもむろにレンゲでスープをすくって飲んでみたら、それは予想以上に濃厚ですごい旨みだった。もうひとすくい、というところで、突然耳に入ってきた音楽は、ずっと曲名が気になっていたもので、一瞬迷ったが、急いでレンゲを置いて、iPhoneを起動させて、Siriを呼んだ。

 隣をみると、スーツを着た自分と同年代らしき会社員風の男性が黙々とラーメンを食べていた。後ろには若いカップルが座っていた。こんなところでSiriに話しかけるのは大変ためらわれたが、この機会を逃したら、いつまたこの曲に巡り合えるかわからない。自分は周りになるべくわからないように、Siriに話しかける。

「この曲の名前を教えてください」

しかし音楽のボリュームと店内の人々の話声で自分の声はかき消され、Siriはすかさず、

「すみません、聞き取れませんでした」

と答えた。

 ああ、また話しかけるのか、と思いながら、もう一度トライすると、今度は「しばらくお待ちください」と答えたので、良かったと思っていたら、彼女が教えてくれた曲は、それまでiTuneで聞いていた曲だった。

 なんてこったと落胆したが、落胆している場合ではない。ぼやぼやしていたら、音楽が終わってしまう。それにしても、昼間から自分は何をやっているのだろう。隣では、営業の外回りで忙しそうな同世代の会社員男性がラーメンを食べていて、後ろには、春休みの大学生カップルがいて、自分は目の前のラーメンをよそにひとりでスマートフォンに向かって話しかけている。しかもそのSiriにはなかなか僕の想いは通じない。なんて不毛なんだろう。

 しかしそんなことを気にしている場合ではない。音楽は待ってくれない。

 それで自分は意を決して少し大き目の声で、しかし短くて新しいコマンドを思いついて、Siriに再び話しかけた。これがタイミング的に最後のチャンスだろう。

「この曲の名前は?」

「しばらくお待ちください」

 よかった。通じた。しかし喜ぶのはまだ早い。またiTuneで再生中の曲名を言ってくるかもしれない。

 しかし、今回は、正しい曲名を教えてくれた。

 なんという感動。その場で曲を購入した。このようにしてiPhoneの容量はどんどん減っていく。

 それにしても、これまでの人生で、「この曲のタイトル知りたい。この曲欲しい」と思ったことは何度となくあったけれど、Siriに出会ってから、そういうことがほとんど皆無になった。知りたい曲はほぼ必ずSiriが教えてくれる。Siriは決して僕を裏切らない。

 しかも今回の曲は自分の中でかなりのヒット曲で、恥を忍んで勇気を出して聞いてみて良かったと思う。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加