興味津々心理学

アメリカ発の臨床心理学者黒川隆徳によるあなたの日常の心理学。ご質問、感想、お問い合わせなど、お気軽に。

感情を抑制し過ぎる人の陥りがちな問題について

2016-08-15 | プチ性格心理学

わが国日本は、伝統的に、あまり激しい感情を表現することが好まれず、むしろあらゆる時にニュートラルな状態でいられることが美徳とされているところがあります。感情のコントロールができる者=人間的に成熟している人、というような図式です。もちろんこの傾向も時代と共に変わりつつありますが、こうした文化背景は依然として存在しています。

これ自体は悪いことではないのですが、今回ここで取り上げるのは、この傾向が「強すぎる」人達がしばしば陥る問題についてです。

上記のようにもともとこうした国家的文化背景があるところに、ある種の家庭では、家庭文化的に、感情表出が特別に好まれなかったり歓迎されないため、そうした家庭で生まれ育った人は、知らず知らずのうちに、家庭外のあらゆる人間関係においても感情を抑制してしまいます。

それはどんな家庭環境かといえば、そこにはいろいろな可能性がありますが、よくあるケースとして、親が子供の感情表現、とくに怒りや悲しみなどのネガティブな感情を受け入れられずに、子供がそういう感情を表現した時に、ネガティブに反応することがあります。

たとえば泣いている子供に、「泣くんじゃない!」と怒鳴りつけたり、「いい子は泣かないわよね」と、泣くことや、悲しみを表現することを好ましくないものであると思いこませます。

また、子供の難しい感情に対峙するのができないために、子供がそうした感情を表現するのを無視したり、取り合ってあげなかったり、あるいはそうした子供の感情を馬鹿にしたりする親もいます。

もっと悪いのは、子供のそうしたデリケートな感情に付けこむ親です。

子供はこのような親にそれ以上傷つけられないため、自分のこころを守るために、感情を表現することをやめます。

感情を抑えることが、その子の置かれた家庭環境では、サバイバルに繋がっていたのです。

感情を抑えることが、そこでは「適切」だったのです。

しかし、その家庭では「適切」であったことが、外の世界では、不利に働くようになります。なぜなら外の世界の原理は、その人の独特な家庭の原理とは大きく異なるからです。

たとえば、こうした傾向のある人は、会社や学校などで、人間関係の問題を抱えやすくなります。

たとえば相手が何かその人に対して嫌なこと、ひどいことを言った時に、その人は、ほとんど反射的に、感情を表情に出さないように抑制します。瞬時に自分の感情を相手に悟られないようにするのです。それは自動的といっていいほど自然に行われるため、本人も自分の感情をきちんと認識できなかったりします。

本人も認識できないぐらいに抑制された感情は、他者はなかなか認識できません。他者は、自分の言動が、その人を傷つけていること、その人が嫌がっていることに気づくことができません。

最初は些細なやり取りであっても、相手のほうにモラルハラスメントなどの自己愛の問題があると、これが徐々にエスカレートしていきます。上司にはなかなかはっきりと言い返せない状況が少なくありませんが、多くの人は、少なくとも、嫌な時、辛い時、それが表情やしぐさに出るので、上司にもそれが伝わります。よほどサディスティックな人でない限り、部下が自分の言動に苦痛や不快感を感じている、と認識できれば、上司も態度を改めるので、深刻なモラハラに発展する前に、軌道修正が起こります。

一方、部下が精神的苦痛を顔に出さないと、上司としては、自分の意見やフィードバックがきちんと伝わっているのか不安になるため、それよりも強い口調になったり、しつこく言うようになります。良識のあるまともな上司であれば、このぐらいで留まれるのですが、自己愛に問題のある上司は、部下の感情をなんとか引き出そうと次第にエスカレートしていきます。

言うまでもないことですが、モラルハラスメントは、あくまで加害者側の問題であり、決してあってはならないのですが、感情を無意識に抑制、抑圧しがちな人は、こうした自己愛的な上司の標的になりやすい現実もあるので、意識して自分の感情をもっと自由に表現させてあげるようにしていくことで、続いていた良くない人間関係が好転したりします。

 

 


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Dr.黒川のスカイプ心理相談室 予約状況 (8/22)

2016-08-15 | ┣ スカイプ心理相談室

次週月曜日、8月22日のスカイプ心理相談室の予約可能なスケジュールは、以下のようになります。

 ●2016年8月22日 月曜日
          11:00~11:50
          13:00~13:50
          15:00~15:50 
     

予約をご希望の方は、drtakakurokawa@gmail.comまでご連絡ください。

よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dr.黒川のスカイプ心理相談室

2016-08-12 | ┣ スカイプ心理相談室

このところ、クリニックの予約がいっぱいで、なかなか新規のスカイプ心理相談室の枠を設けることができずにおります。ご迷惑をお掛けしております。基本的にはクリニックの対面セッションの空き時間を活用していたのですが、安定した予約を提供することができずにおりました。

そこで今回、クリニックの時間とは別の枠である月曜日にスカイプ心理相談室の枠を設けることにしました。

次回のスカイプ心理相談室の予約可能なスケジュールは、以下のようになります。

 ●2016年8月15日 月曜日
          11:00~11:50
          13:00~13:50
          
15:00~15:50 
          16:00~16:50

予約をご希望の方は、drtakakurokawa@gmail.comまでご連絡ください。

よろしくお願いします。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたのその感情は誰の物?

2016-07-21 | プチ精神分析学/精神力動学

 我々は、他者との交流において、喜怒哀楽、様々な感情を経験します。

 通常、そうした情緒体験は、その状況や、文脈などに合ったものですが、ときに、そうした要素にはそぐわないような強い感情が沸き起こることがあります。

 この強い感情が、陽性のものであれば、その当人にとってあまり問題にならないのですが、問題は、その「状況にそぐわないような強い感情」が、負の感情の場合です。

 実際、こうした強い悪感情に苛まれてセラピールームを訪れる方が本当に多いです。そして、そうした方は、その強い感情が、「状況にそぐわない」程に強いものであるという自覚はありません。

 それはたとえば、上司からのモラハラ、パワハラにすっかりやられてしまってセラピーにやってくる方たちの、自責の念や、無価値観などです。彼らは本当に落ち込んでいて、自分がいかに致命的なミスをして、自分がいかに仕事ができない人間で、自分がいかに能力が低いかについて、一生懸命話してくださいます。彼らに寄り添って、共感的にお話を聞いていると、こちらもしばしの間彼らと同じような落ち込みを経験します。漬物石を頭の上に乗せられたような感覚になり、うなだれます。これを専門的には交流的逆転移(interactive counter-transference)といいますが、暗澹たる気持ちになって彼らの話を聞いているとまもなく、何らかのタイミングで、ふと気づきます。

 「うん。この感情はどこか変だな」、と。

 この瞬間から、私はクライアントの状況を、客観的かつ主観的に見ることができるようになるのですが、こうした強い逆転移を感じるとき、まず決まってそうであるのは、彼らがその上司との間に感じていた、或いは感じている感情も、どこか変だということです。というのも、こうした人達のお話を冷静に聞けば聞くほどに、彼らの犯したミスは致命的どころが、それほど大きな問題でもなく、また、彼らは特に無能ではない、ということがはっきりしてきます。それどころか、かなり有能な方も少なくありません。

 このようにして、クライアントが上司との間に経験した強い陰性感情が、その状況にそぐわないものであることが分かります。

 それではその感情は、どこからくるのでしょうか。

 その感情は、上司からきています。

 具体的には、上司がその部下に「感じさせている」ものです。これは非常によくあることですが、そのようなパワハラ上司は、自分自身の見たくない性質、受け入れがたい性質を、無意識的に自分から切り離して、部下のなかに「見出し」て、投影します。つまり、彼らから見た部下の好ましくない様子は、本当は、自分自身の好ましくない様子なのです。以前他の記事でも書きましたが、この「投影」とセットになって、投影される側に起こる作用に「取り込み」というものがあります。投影は、自分の要素を、他者に投影して、他者のものだと錯覚することであり、取り込みとは、他者から投影された他者の要素をこころのなかに「取り込み」、それを自分の要素と錯覚すること、でしたね。上司には、社会的地位があり、その上司と部下の関係性そのものの影響力があるので、この投影と取り込みの作用が起こりやすいのです。小学生が、モンスターティーチャーの暴言を鵜呑みにして深く傷つくのもこれです。先生と生徒という関係性そのものの影響力の濫用です。モンスターペアレントの奇妙な苦情にすっかりやられてしまう善良な先生もこれです。

 ところで、何らかの性質を攻撃されるわけですが、人は誰でも多かれ少なかれ、その性質を持ち合わせているので、こうした投影と取り込みの作業が起きた時、この性質が、2倍にも3倍にも感じられ、強い自己嫌悪などに陥ったりします。たとえば、自分が無責任であることを受け入れられない上司が、部下のちょっとしたミスにその「無責任さ」を見出し、激怒して激しく責め立てるとき、その部下のどこかにあった、小さな無責任さが刺激されて、それが2倍にも3倍にも感じられ、「自分はなんて無責任な人間なんだろう」と落ち込んだりします。

 このようにして落ち込んでセラピーに来られた方に、この投影と取り込みのメカニズムにすっかり嵌ってしまっていることを実感させ、このドツボから抜け出させるのが、こうしたときの私の仕事なのですが、それを実感したとき、つまり、その感情が状況にそぐわない大きなものだと気づいたとき、その人はその強い落ち込みから解放されます。そして、自分のミスを、自分の性質とは切り離して、冷静に見ることができるようになり、彼らが本来取るべき程度の等身大の責任を取って、前に進めます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dr.黒川のスカイプ心理相談室 予約状況 (7/4~7/9)

2016-07-05 | ┣ スカイプ心理相談室

いつも本ブログのご愛読、ありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、今週(7/4~7/9)の予約は満席です。

次回の予約状況については7月9日頃にお伝えします。

●本サービスを2回以上受けている方で、スカイプセラピーのセッションをお急ぎの方は、drtakakurokawa@gmail.comまでご連絡ください。優先してスケジュールの調整を試みます。

●ご要望にお応えして、スカイプセラピーに加えて、電話セラピー(電話カウンセリング)も提供しています。
スカイプセッションと同じく、1セッション50分 5,940円(税込)に加えて、通話料をご負担していただいております。

●ご予約の方はdrtakakurokawa@gmail.comまでお気軽にどうぞ。

 

Dr. 黒川のスカイプ心理相談室について 

対面カウンセリングについて

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加