科学では解明できない不思議な超常現象

信じるか信じないかはその人次第ですが、未だ解明できない不思議な現象

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本のリアルターミネーター、舩坂弘の凄すぎる戦歴

2017-07-11 11:47:00 | 日記
日本のリアルターミネーターともいわれている舩坂弘の凄すぎる戦歴ってご存知ですか。船坂弘さんは、日本陸軍の軍人、大盛堂書店代表取締役会長です。擲弾筒および臼砲にて米兵を200人以上殺害したと言われていて、アンガウルの戦いで活躍しています。今回は、船坂弘さんについて詳しく紹介していきます。

■アンガウルの戦い

・水際作戦により中隊が壊滅す中で、弘は筒身が真赤になるまで擲弾筒を打ち続けて、退却後は大隊残存兵らと島の北西の洞窟に籠城、ゲリラ戦へと移行しました。

・3日目は、弘も米軍の攻撃の前に左大腿部に裂傷を負っていて、米軍の銃火の中に数時間放置されて、ようやく頼みの軍医がやってくるも、傷口を一目見るなり自決用の手榴弾を渡して去ってしまったそうです。実際に医者も投げるような大きなけがだったそうです。

・瀕死の重傷を負いながらも弘は足を包帯代わりの日章旗で縛ることで止血して、夜通し這うことで洞窟陣地に帰り付いて、翌日には、左足を引きずりながらも歩けるまでに回復したそうです。日章旗には包帯よりも優れている止血作用があるというわけではありません。

・その後も瀕死クラスのキズを何度も負っていますが、動くことすらままならないと思うような傷でも、不思議と思うくらいに翌日には回復していたそうです。これについては、弘は生まれつき傷が治りやすい体質であったことに助けられたようだと述べています。

・船坂は、絶望的な戦場だったのですが、拳銃の3連射で3人の米兵を倒したり、米兵から鹵獲した短機関銃で3人を一度に斃し、左足と両腕を負傷した状態で、銃剣で1人刺殺し、短機関銃を手にしていたもう一人に投げて顎部に突き刺して殺すなどの戦いを続けています。実際に、弘の姿を見た部隊員たちから不死身の分隊長、鬼の分隊長と形容する声が聞かれるくらいだったそうです。その元気はどこから湧いてくるのか、元気を分けて欲しいというような感じですごかったそうです。

・食料も水もない戦場での戦いは日本兵を徐々に追いつめる状態となり、生き地獄のような環境だったそうです。

■戦後
・弘はペリリュー島捕虜収容所を去り、グアム、ハワイ、サンフランシスコ、テキサス、と終戦まで収容所を転々と移動し、1946年に帰国したと言われています。故郷では、当時弘は戦死したものと思われていて、弘が故郷に帰って一番初めに行ったことは、船坂弘之墓と書かれた墓標を抜くことだったそうです。

・戦後復興の中、戦争での強烈な体験から弘は、この目で見てきたアメリカのあらゆる先進性を学ぶことが、日本の産業、文化、教育を豊かにするとの思いから、書店経営を思い立ったそうです。

■人物
・アンガウルの戦い当時は、弘は23歳だったそうです。中隊のでは一番の模範兵と目されていて、部下からの人望も篤かったそうです。

・剣道と銃剣道は当時から有段者であり、特に銃剣術に秀でいていた弘は、訓練中にも腕が良いと言われていてそうです。

昔の事はよく知らないという人も今の時代の人は多いと言われていますが、その中でも活躍しているヒトで、有名となっています。実際に私の祖父も戦争に行って、なくなっていますが、そんな時代に生まれた自分でなく、今の時代に生まれてよかったとも感じています。

しかし、昔の人は、ガマ強くないごとにもめげないという点がありますが、今の時代の人って、心も体も弱くなってきているような気がするのは私だけでしょうか。

怪我をすると病院で治療を受けたり、食事に困ってしまうなどというような問題もなく、快適な生活を送れるという事も、戦争で戦ってくれた人がいたからだと感じる事が出来ます。

もしかすると戦っている人がいなかったら、自分たちはこの世に存在していないかもしれないと感じる事もあります。本当に感謝しても感謝しきれないのですが、けがも自分で治していたというのはスゴイと思います。

私もいつも感じるのは、昔は、傷をなめて治していたなどと耳にしますが、今ではそんなことを考える事も出来ず、ちょっとしたことでも病院へ出向くことが多いですよね。

昔の人のように強くたくましく育っていれば、今の時代だとすべて良いことになりますよね。それを、実際に私たちは、人間関係やちょっとした問題で病んでしまっている人も多いと思います。

こんな話を知ると実際に、何事も乗り越えていくから価値があると思える自分になれて本当にすごいと感じます。今、書店を作った船坂さんは本当にスゴイですよね。

今の時代は、本を読んで勉強したり、様々な事を感じる事が出来る時代という事もあり、船越さんに感謝する必要もありますし、本当にこれからも本を沢山読んでいきたいという気持ちにもなれる自分がいます。

本は不思議だと感じるのは、見えない世界を想像する事ができて、その想像は、個人で違っているけど、様々な場面において勉強にもなり、考え方の違いって、本を読んで感じたことが一番の違いになるのではないかと思っています。

子供の頃って、実際に教科書を読んで同じように作文を書いても、個性があり、それぞれの感情や感動など違っていて、思う事も違っている不思議でありながら、他の人の作文を見ると実際に共感する事もあれば、共感できないこともあるそれが自分自身だと築く事が出来ますよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メンタリストDaiGoに学ぶネガ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。