科学では解明できない不思議な超常現象

信じるか信じないかはその人次第ですが、未だ解明できない不思議な現象

過去退行睡眠|これで前世が見える!

2017-07-11 11:39:23 | 日記
過去退行催眠ってしっていますか?過去退行催眠を行う事により、前世で体験した出来事を知ることにより、今実際にトラウマになっていることも治療するというような前世療法と言われています。今回は、過去退行催眠について紹介していきます。

前世で起きた出来事は、今の自分に何らかの形で大きな影響を与えているとする概念が根底にあり、前世を知ることにより、今までを生きやすくするといった治療です。前世で体験した罪や苦しみ、生涯などとなって現れます。

退行催眠をやるための下準備ですが、退行催眠は寝る前にやると効果的と言われています。眠る直前はシータ派と呼ばれる脳波がでやすく、最も自己催眠をかけやすい状態にあります。

暗示のかけ方や手順ですが、ゆっくり眠れる環境を整えて、布団に入って目を閉じます。いつでも眠れる状態にしておきます。

①白い階段をおりましょう。白い階段を自分でイメージして、下へ下へ降りていきます。ずっと奥深い場所までどんどん降りていきます。

②ドアを開けます。階段を降りるとつきあたりにドアがあります。ドアをゆっくりあけます。

③そこはあなたが小学生の時代です。ドアを開けたあけた先は、あなたが小学生だったころの風景が広がっています。あなたが住んでいた場所にいき、一緒に遊んだ友達にあって、通っていた小学校へ行きます。

④幼稚園時代へワープします。さらに時空をワープすると幼稚園だったころの風景が広がってきます。通っていた幼稚園へ行き先生と話します。一緒に遊んだ友達や近所の人に会ってきましょう。

⑤赤ん坊時代にワープします。更にワープします。ここから難易度が上がりますが頑張って行っていきましょう。そこはあなたが赤ん坊の頃の風景が広がっています。あなたが眠っていた部屋はどんな内装だったか思い出してみましょう。部屋にある置物やグッズ、思い出せるものすべてを思い出してください。何となくの記憶で大丈夫です。

⑥赤ん坊時代にワープします。更に時空をワープします。あなたは母親のおなかの中にいます。母親の心臓の音が聞こえています。そこ音をじっくりと聞きましょう。

⑦天へ帰ります。あなたは自分が赤ん坊になる前の、まだ魂の状態だったころへ戻ります。天へ、空へ溶け込んでいくイメージをしましょう。

⑧前世の世界に旅立ちます。魂である自分が前世の世界へ舞い降りるのをイメージしましょう。そこはどんな場所ですか、周りには何がありますか、日本ですか、海外ですか、どの時代ですか。もしも風景がはっきりしている場合には、少し散歩をしてみてください。

⑨あなたは何者ですか。前世の世界を散歩しているあなたは、誰ですか。性別、身分、職業、誰と一緒にいますか、家族などイメージできるだけイメージしましょう。

⑩そのまま眠ります。1~9までのイメージができたらそのまま眠ります。すると夢で前世の続きを見ることが出来る可能性があります。

実際に経験した人
精神的に不安定であるとか、悩みがあるとかなく、だた興味があり、前世療法で受けました。実際に死後の世界とか全く信じていなかったし、自分では精神的に強いと思っていたので、催眠にかかるはずはないと思っていました。はっきりいって、こういうヒーリングとかいう類のものが流行しているので、実際の所どんなことをするのか、インチキではないのか見極めたいという気持ちでした。

しかし、実際には簡単に催眠状態に入ってしまい、すごく気分がよくて当初も目的などすっかり忘れてしゃべりまくっていまっした。催眠状態で自分が話していることは、自分にも聞こえているのですが、全く見に覚えのないことばかりで、本当に不思議な体験でした。

実際に、催眠法は心理的な悩みを改善する為に行われていいます。アメリカでは積極的に行われていますが、日本では積極的な医療機関は限られているようです。一般的には、薬物療法などを行い、他の治療法を十分に試したうえで適用の判断を含めて、訓練を受けた専門家により行われるべきであるとアメリカでは言われています。

実際に、夢のような話だと感じている人も多いと思いますが、トラウマなどがあり、前を向いて進むことが出来ないという人も多いと思います。そんな方にはお勧めできますし、日本でも退行催眠を行うセラピストが徐々に増えてきています。

昨年、テレビで紹介されていますが、今は日本人の中でも退行催眠により前世を知りたいと考えている人も多く、前世のカルマによる病気を治す為に前世療法を受けたいという人が急増しています。



自分で行う事が出来ると言われていますが、何よりも専門の方にお願いする方が本格的に、自分の心理などを知ることが出来ますし、正しい方法で行っていく事が出来ます。流行していると言われていますが、実際に、コンプレックスやトラウマなどを抱えていないという人は、やる必要はないと思いますが、興味があるという人は、一度経験するのも良いと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | メンタリストDaiGoに学ぶネガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。