韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「マンツーマン」→「ライオン」... パク・ヘジンの理由がある全盛期

2017-05-12 15:55:19 | ドラマ
パク・へジンは見る目が良い俳優だ。作品を見ることが分かる。自分によく似合うキャラクターを見つけ、鬼のようなよく消化する良い演技者だ。

パク・ヘジンは昨年、ケーブルチャンネルtvN「チーズイン・ザ・トラップ」に続き、今年の総合編成チャンネルJTBCグムトドラマ「マンツーマン」に引き続いヒットに成功した中で、今年の下半期から、新しい作品「ライオン」の撮影に突入する。今回は、4つのキャラクターを演じるなりの挑戦である。

パク・ヘジンは放送界で視聴率不敗の男で有名である。2006年のデビュー作だったKBS 2TVドラマ「噂のチル姫」をはじめ、連続ドラマ「天くらい地くらい」で人気をイオガところの後に「私の娘ソヨンが 'や'星から来たあなた」、「ドクター異邦人」、「悪い奴ら」のような作品で、自分の魅力を精一杯吹きだした。高い視聴率を記録して、またファンを硬く積みながら演技者パク・ヘジンの良い眼と存在感が光った。

彼は良い目の肥えたのも確かだが、その目で選んだキャラクターをパク・ヘジンのスタイルで演じてながら内面を築いてきたことも否定することはできないという事実である。様々な役割を担ってきた、その中で多くの成長を見せてくれた俳優だ。パク・ヘジンの全盛期が続いている理由は確かにある。

特に昨年からパク・ヘジンの立地がよりしっかりしなった。多くのマニアファン層にも認められた「チーズイン・ザ・トラック」の男主人公ユイと高いシンクロ率は彼の演技の中で、より輝いていた。映画化されている「チーズイン・ザ・トラップ」にも同じ役割にキャスティングされ、彼がどれだけユイキャラクターを演じてたのか見せた。

現在放送中の「マンツーマン」もパク・ヘジンの多彩な魅力がよく溶け込んだ作品である。パク・ヘジンはデビュー初期から安定した演技力で、比較的議論せずに演技のキャリアを積んだ。「マンツーマン」はそのようなパク・ヘジンのキャリアに頂点を撮る作品なのに、アクションからコミックやメロ演技、また細心の感情線までよくこなしている。作品の中心的な役割を担って先輩・後輩俳優たちとの良好な呼吸を見せ、高い視聴率と人気につながっていること。

だからパク・ヘジンが、選択した次期作「ライオン」が期待されるしかない。視聴者たちも、彼の目の肥えたを信じていること。パク・ヘジンが、今までの自分とよく合う、また視聴者が興味深いことができる作品を選択しフィルモグラフィーを完成してきたかのように「ライオン」もパク・ヘジンの期待作になるだろう。

何よりも「ライオン」を介しては、演技者パク・ヘジンのもう一つの姿が明らかになると思われる。劇中四人のキャラクターを演じることになっただけ幅広い演技が必要である。デビュー以来10年の間に培ってきた彼の内面が輝く時だ。「マンツーマン」のギムソルウナ「チーズインタートラップ」の油井のようにパク・ヘジンの演技がどのように魅力的に溶けかから気になる。
"韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「推理の女王」OCNドラマはな... | トップ | 「シカゴタイプライター」チ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL