韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「シカゴタイプライター」イム・スジョン、1930年京城考え思い出した

2017-05-14 00:05:01 | ドラマ
「シカゴタイプライター」イム・スジョンが前世の記憶を少しずつ思い出した。

13日午後放送されたケーブルチャンネルtvNグムトドラマ「シカゴタイプライター」(脚本ジンスワン演出キム・チョルギュ)10回では、1930年代京城のスヒョン(イム・スジョン)を思い浮かべる現在のチョン・ソル(イム・スジョン)の姿が描かれた。

チョン・ソルは「シカゴタイプライター」を読んでいたの"なんだこりゃ?以前に私浮かんあげ内容やらのような内容じゃない?」と驚いた。

続いてチョン・ソルは、 "私が時スヒョンがどのような状態だったのか、どのような感情だったのか知っている。まさかその時一緒にいたのですか?作家やら私?」と混乱していた。
"韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「試打」ユ・アイン、イム・... | トップ | 「致死して幽霊やってらんは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL