韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「数ナー」ナム・ジヒョン、チ・チャンウク病♥「反し、また、半よ」

2017-07-12 23:55:26 | sbsドラマ
別れたが、まだチ・チャンウクを愛していた。

12日放送されたSBS「怪しいパートナー」でチャン・ムヨン地検長は、調査を受けていたチョン・ヒョンスを外部にペドルリョトダ。ノ・ジウク(チ・チャンウク)は、チャン・ムヨンがチョン・ヒョンスを連れて消えたニュースを聞いて後を追い始めた。

ウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン)は、「ヒジュンがが殺害されたところ、私は住んでいたところ、そこに行かなかったのか」と推測した。やっぱりチャン・ムヨンはチャン・フイジュンが死んだ場所にチョン・ヒョンスを連れて行って暴行した。

チャン・ムヨンが罪のない息子が死んだことに怒りうチョン・ヒョンスは「あなたの息子は罪がないかわからないが、あなたのためにソヨンがが死んだ」とし「あなたのために私がこのようになった。あなたがソヨンが吠える踏んだホモに解放くれたからである"と述べた。

続いて「あなたの息子を殺したのはあくまでも偶然だった」とし「しかし、後で分かった。正当な復讐あったことだ」と語った。チャン・ムヨンこの剣を持ってチョン・ヒョンスを殺そうとした。チョン・ヒョンスはこれ対抗「13年前どんな女の子が一つであった、その女の子が獣のような連中のために主として負傷した。あなたは、担当検事だったその子たちだ解放し、その事件自体を上書きしてしまった。あなたは、子らと、その子たちの親編であった。これでも覚えてい?」と怒った。

脱出しようとするチョン・ヒョンスをウン・ボンヒとノ・ジウクが制圧し、警察に渡した。チャン・ムヨウン検査場もチョン・ヒョンス拉致、殺人罪で逮捕された。

ノ・ジウクは、再検事に復帰した。チョン・ヒョンス事件を引き受けることになった。取調室で再び出会った二人。ノ・ジウクは、事件を再取り調べしようとしたが、チョン・ヒョンスは自白を翻してとぼけで一貫している。これノ・ジウクは「一度してみよう、最後まで私はあなたを忘れないで思い出してくれるのが "と述べた。

ウン・ボンヒはノ・ジウクにその中の仕事を謝罪した。自分が父親の事により、ひどくたようだ。再び最初に戻って行こうと話した。二人は、弁護士と検事で各自の席に戻った。

ウン・ボンヒのノ・ジウクに向けた心は相変わらずだった。検事の桁に戻ったノ・ジウクの姿を見て「私もね。そのようなことだと思う。半、また半です」と独白した。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「怪しいパートナー」ナム・... | トップ | 「怪しいパートナー」チ・チ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL