韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「シカゴタイプライター」コ・ギョンピョ "私ゴーストライター兼ゴースト"反転

2017-04-21 23:12:00 | ドラマ
「シカゴタイプライター」コ・ギョンピョが本当の幽霊だった。

21日午後放送されたケーブルチャンネルtvNグムトドラマ「シカゴタイプライター」(脚本ジンスワン演出キム・チョルギュ)5回には、ハン・セジュ(ユ・アイン)とユ・ジンオ(コ・ギョンピョ)の関係について描かれた。

10年前、ぺク・テミンはハン・セジュmp部屋で彼の文章を読んだ。ハン・セジュは"私の最初の読者は、常に君だったじゃないか。読んで鞭のは良いニンジンも少しながらビート」と述べた。ぺク・テミンは真剣に彼の文章を読み、ハン・セジュは「先生にお見せてはならないだろう」と述べた。ぺク・テミン父でありハンセ注意師である白桃し(チョン・ホジン)は、ぺク・テミンに厳しい基準をがミルゴンた。

以来、現在に戻ったハン・セジュ"私は私の文章を奪わ面押収、他人の文章をベーキジンない」という意味を持った言葉を残した。

ワン・バンウル(チョン・スギョン)はチョ・ソル(イム・スジョン)に「人を殺した、殺してはならない人を殺したあなたは10歳の時にそうしたよ」と語った。

夢の中で経験したことがタイプライターを使用してグローバル表現されるミステリーた現象にハン・セジュは続け当惑した。

以後ハン・セジュはチョ・ソルを満たす「はい勝手にして。二度と私の目の前に表示されないで。お前もつれたので、いいん一つはなかった。私は助けることが考えていない知らないふりをして」と叫んだ。

続いてユ・ジンオは連載のせいに難しくするハン・セジュに「ご希望の場合作家に差し上げる代わり条件がある。必ずこの小説を終えるならない。小説を終えるまで作家と一緒に、この作業室にあるようにしてほしい」と述べた。

ハン・セジュは苦心の末に緊急記者会見を開き、立場の発表をした。彼は「ゴーストライター説のための私の立場を表明したい。結論から言えば、それは間違っていた、今では正しい。私のゴーストライターは、まさにこの人だ。これらはすべて、私の責任である。記事に出てきたその女性は、この日関係がない。脅迫電話をご遠慮してほしい」と述べた。

しかし、自宅から映像を再見ハン・セジュは大きく驚いた。彼の隣にユ・ジンオがなかったから。その時ユ・ジンオがハン・セジュの隣に現れ、「私はゴーストライターでありながらゴースト"と述べた。
韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シカゴタイプライター」ユ... | トップ | 「マンツーマン」パク・ヘジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL