韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「推理」クォン・サンウXチェ・ガンヒ、知ってみると事情いる男女

2017-04-20 10:12:00 | kbsドラマ
「推理の女王」クォン・サンウとチェ・ガンヒがそれぞれ胸が痛い事情があることを暗示して気がかりなことを誘発した。
去る19日放送されたKBS2水木ドラマ「推理の女王(脚本イ・ソンミン、演出キム・ジンイ)「5回では、イ・ミョンヒ殺人事件を推理するユ・ソルオク(チェ・ガンヒ)の姿が描かれた。
この日ユ・ソルオクはハ・ワンスン(クォン・サンウ)に自分が考えた推理を説明し始めた。彼はイ・ミョンヒ家族の通話記録を調べて真犯人がイ・ミョンヒの夫である車溶出(城下町ユン)だろうと思った。
しかし、次の溶出は、コンビニエンスストアCCTVアリバイがあった。ユ・ソルオクはハ・ワンスンに時間を稼いでくれと要請した刻苦の努力の末茶溶出のアリバイを破った成功は、彼真犯人であることを突き止めた。
しかし、イ・ミョンヒの解剖結果を聞いてワンスンは再び次溶出の父を取調室に連れて行った。イ・ミョンヒのサインが溺死だったからだ。次溶出の父は嫁が生きていることを知りながら、彼の川に投げてしまった。
衝撃を受けたユ・ソルオクは子供の頃、両親が死んだ過去を思い出して絶望した。最終的には自己恥辱感に陥った彼は前方に推理をしないことを約束して切なさを催した。
一方、事件を終えて家に帰ってきたハ・ワンスンも子供の頃の恋人を思い出して痛い思い出を回想して衝撃をもたらした。彼の恋人は疑問の男に殺害されたもの。
以後一人漢江を眺めていたハ・ワンスンは恋人を殺した真犯人をとるために、刑事の仕事を続ける意向をのぞかせたし、放送末尾ユ・ソルオクの夫に問う姿が登場して緊張感を形成した。
この日クォン・サンウとチェ・ガンヒは、互いにどうのこうのしながらも力を合わせて真犯人をとる姿で注目を集めた。たとえその結果が悲劇はあったが、二人はお互いにない能力を持っている名コンビだった。
特にこの日の放送では、二人の痛い過去が登場して気がかりなことを高めた状況。これ各自の理由で刑事と主婦という道を選んだ二人が果たして再び団結できるか、そして、これらの過去には一体何があったのか、今後の展開に多くの関心が集まっている。
韓国ドラマ ブログランキン
『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェ・ガンヒ「推理の女王」... | トップ | ナムグン・ミン側 " '操作'出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL