韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「耳打ち」イ・サンユン、太白代表になった...クォン・ユルと激突

2017-05-15 23:33:46 | sbsドラマ
イ・サンユンが太白代表がされ、その桁を狙う権慄と激突した。

5月15日放送されたSBS月火ドラマ「耳打ち」14回(脚本パク・ギョンス/演出イ・ミョンウ)でイ・ドンジュン(イ・サンユン)は、太白(テベク)代表になった。

シン・ヨンジュ(イ・ボヨン)は、チェ・イルファン(キム・ガプス)をカン・ユテク(キム・ホンパ)殺人容疑で緊急逮捕し、イ・ドンジュンはカン・ジョンイル(クォン・ユル)がチェ・イルファンのアリバイをデジュルことを知ってカン・ジョンイルの当日行跡を調査した。カン・ジョンイルはチェ・スヨン(パク・セヨン)にイ・ドンジュンがすでに第掘りを終えたという事実を知らせてチェ・イルファンのアリバイ待機を拒否した。

イ・ドンジュンとシン・ヨンジュの次の目標は、カン・ジョンイルとチェ・スヨンになった。しかしカン・ジョンイルは、その機会を利用つもりからだった。カン・ジョンイルはチェ・イルファンを訪ね太白を生かしたい殺人を自白して、自分自身を太白の代表を作成するとチェ・スヨンが持つ第キラーバック映像が自分をチェ・スヨンの作男にすると述べた。

チェ・イルファンは自分がカン・ユテクを殺害したと自白し、娘チェ・スヨンにカン・ジョンイルを太白の代表にして太白を守り、第孫が太白を継承さオフするよう要請した。チェ・イルファンが自白で取引をしたせいでイ・ドンジュンとシン・ヨンジュはカン・ジョンイルはチェ・スヨンの罪を明らかにチャンスは逃した。

シン・ヨンジュは挫折したが、イ・ドンジュンはシン・ヨンジュに太白代表チェ・イルファンを逮捕した日から祝っするように助言した。また、イ・ドンジュンは死んだシン・チャンホ(カン・シンイル)が娘シン・ヨンジュにをしようと約束していたネックレスの代わりプレゼントし、「お父さんが誇りに思うことだ」と述べた。シン・ヨンジュはそのようなイ・ドンジュンの手を握って胸にアンギミョ「ドンジュンさん残してくれてパパに感謝」とささやいた。

イ・ドンジュンとシン・ヨンジュがそう恋人に生まれ変わるの間カン・ジョンイルとチェ・スヨンは終わりを見た。カン・ジョンイルは太白の代表になって、過去30年太白の不正をすべて暴露するつもりだったし、チェ・スヨンはそのようなカン・ジョンイルの内心を知らないままカン・ジョンイルに口合わせ」これ残った感情もない。私守れ。私は週に一回確認しなければ映像が検察に行くことだ」と脅迫した。

続いてチェ・スヨンはカン・ジョンイルを代表にしようとしたが、イ・ドンジュンがフックてきた。イ・ドンジュンはカン・ジョンイルが百想区(キム・レハ)を横領した犯罪者であることを知らせてチェ・スヨンに離婚の書類を出したし、自分が離婚を甘受して太白を正常化させた後、太白を残しことまとめると大衆的なイメージも悪くないだろう説得した。

イ・ドンジュンは非常全権を持った太白の代表になり、カン・ジョンイルの親友チョ・ギョンホ(チョ・ダルファン)を秘書室長視後チェ・イルファンの秘密資金源を明らかに太白を崩そうとした。これカン・ジョンイルはイ・ドンジュンに「明日ゴムンリョ決裁しなければならない。決裁するイ・ドンジュンさんも秘密資金を使用した共犯者になるだろう。決裁しなければゴムンリョ受けられなかった方がイ・ドンジュン氏代表室には置かないことだ」と挑発した。

カン・ジョンイルはイ・ドンジュンが決裁していないであろうヨギョトジだけイ・ドンジュンは決裁書類に涼しくサインをした。代表になったイ・ドンジュンとその場を奪ううカン・ジョンイルの戦いがさらに激しくなった。
"韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パク・セヨン、イ・ボヨンの... | トップ | 「耳打ち」イ・サンユン、自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL