韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「推理」博餅は、連続殺人犯と向き合った「今度はキャッチ」

2017-05-12 00:05:56 | kbsドラマ
博餅は、最終的に連続殺人犯と合った。

11日放送されたKBS「推理の女王」は、町内の殺人事件犯人を捕まえるワンスンとソルオクの姿が描かれた。ソルオクは近所の女の子がテープに巻か死ぬテープ連続殺人事件だと言い張る場合軽減と対立する。ソルオクは偶発的事故と見ている。

ソルオクとワンスンは秘密捜査を開始し、最終的には女性の周りの男たちの中で犯人を見つける。それは実際に7年前に未解決事件に残ったテープ連続殺人が再起動される。

右傾感この事件が再び起こることを予感して捜査チームを稼動させ、近所の女性の殺人を連続殺人犯に運転理由が明らかになる。この事件をきっかけに、特殊捜査チームを作成しようとしたもの。右傾感7年前の事件を調べ、同僚が死ぬ悲劇を経験したことがある。

ソルオクとワンスンは呉軽減こっそり連続殺人事件の現場を見て、そこ呉軽減と再び対立する。ソルオクとワンスンは別に調査を開始する。

ソルオクは呉軽減の動きが尋常でなかったので、またまた殺人が起こることを予感する。市場で働く洋品店の女性は、体が悪いソルオクに電話して家まで連れて行ってもらう。

ソルオクは警察に電話をして、その後、警察に変装した殺人犯が女性に近づいていく。ソルオクは近くのジナダガパトカーを発見し、受賞して追撃する。

ウ軽減も殺人犯が警察を装ったことを知って受賞した警察チャクルル追撃する。結局、右傾感キラーと正面から向き合って、銃を抜いた。
"韓国ドラマ ブログランキン
『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「推理」チェ・ガンヒxクォン... | トップ | 「怪しいパートナー」検事服... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL