韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「マンホール」キム・ジェジュン無差別タイムスリップ開始、高校生→ギャングに

2017-08-10 23:39:32 | kbsドラマ
キム・ジェジュンのランダムタイムスリップが開始された。時間を無差別行き来キム・ジェジュンの前にいくつかの試練が訪れてこようか。

8月10日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「マンホール-不思議の国のフィル(演出パク・マニョン、遊泳は/脚本イジェゴン)2回では、マンホールを介して、2007年、高校時代に戻ったボンピル(キム・ジェジュン)の姿で火ぶたを切った。

高校生になったボンピルは繰り返される学校生活に自分がすでに経験した過去の時帰ったことを知った。

前ボンピルは子供の頃から片思いしてきたカン・スジン(ユイ)の結婚を控えてCEPTの煮込みだった状況。この日のマンホールを介してタイムスリップして、過去に戻ったボンピルは陸上選手時代を再び体験し、有毒遅いスタートに陸上をやめたいと宣言した。

続いて、友達に「私は実際に未来から来た」と告白したが、全く通じなかった。これに屈せずにボンピルは「どのように説明するか分からないが、今の私は、10年後の私だ。といって必要ではないではない。体は、10年前のようだ」と述べたが、友人はボンピルを狂った人扱いした。

そんな中ボンピルはカン・スジンが危険にさらされる幻を見るようになり、カン・スジンに向かって全速力を尽くして走っていった。10年前、大きな鏡がカン・スジンを覆う打とうしていたことが再び発生したこと。ボンピルはカン・スジンの代わりに鏡を破った過ちをかぶって運動場を回った。カン・スジンはそのようなボンピルをカメラに収め、「あのように見ると、少し素敵あったりする、ちょっと」と好感を示した。

カン・スジンは一人でいるときに自分を救ってくれたボンピルを考えて「突然現れ区くれて、私狂っよりなぜ笑いが出?」と「ハンサム長いした」と思い出した。続いてカン・スジンはボンピルに「今日の遊び場優れのに苦労した肉購入するか?」という文字を送ったが、その瞬間ボンピルは酒を飲んでビリヤード場で乱暴を振るっていた。また、一度ずれたもの。

続いてボンピルは当時カン・スジンと交際していた教会の兄を訪ねて戦いを申請した。10年前に無残に敗北した屈辱を返してやろうというボンピルは「ありがとう、マンホール」との戦いに臨んだ。ボンピルは過去の記憶を蘇らせ、教会兄を一気に打ち破った。しかし、カン・スジンは「文字送った時答えたらいいんじゃない、このように改版を打つのか」とボンピルを無視して去ってしまった。

そんな中、夜12時になり、ボンピルは再びマンホールに吸い込まれて、2017年に戻ってきた。ボンピルは金のネックレスの入れ墨、奇妙な金のネックレスをしたままだった。ギャングになったボンピルは「まさか、これは私?」と挫折した。

韓国ドラマ ブログランキン
-->
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マンホール」キム・ジェジ... | トップ | 「マンホール」キム・ジェジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

kbsドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL