韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「上品女」キム・ヒソン、イ・テイムに「私の娘にパパバッジでくれ」涙懇願

2017-07-15 00:45:52 | ドラマ
'上品な彼女」ウ・アジン(キム・ヒソン)が家庭を守るためにひざまずいた。

14日放送されたJTBC「上品な彼女」でアン・ジェソク(チョン・サンフン)はユン・ソンフイ(イ・テイム)を忘れずに再び夜明けに彼女の家に向かった。ウ・アジンはその姿に壊滅的なだった。

ユン・ソンフイは「自分や好きですか?」という問いにアン・ジェソクは「語、そんなよう」と涙を流した。

家に帰ってきたアン・ジェソクはウ・アジン(キム・ヒソン)に「私は女とできない別れるようだ。といって、あなたを愛していないのはない」と述べた。ウ・アジンは頬を殴りつけた。「ホモ、私は何かを決定するまで、もはや一言もしないで」と怒った。

ボクジャはウ・アジンの最近の雰囲気が異常だと知った。そしてウ・アジンとアン・ジェソクが各部屋を書いていることが分かった。

ウ・アジンはユン・ソンフイを見つけた。ユン・ソンフイは堂々と「男愛している」と述べた。ウ・アジンは「遊んでね」と仕方のか尋ねた。

ウ・アジンは離婚もウォンハニャは質問にユン・ソンフイは「そうだといいですね。こっそり会い堂々していない関係嫌だ。しかし、その人がそれを望まない」と述べた。続いてフェアプレーをしようと言ったアン・ジェソクこの決定をするまで待っうと提案した。

ウ・アジンは「必ず帖に生きるはマルイニ?」と怒った。

しかし、ウ・アジンは「私の娘守るので、私の娘から父を守らなければならないから。パパがそばを離れた娘が持つ痛みがどんなものかない?」とひざまずいた涙を流した。

「ユン・ソンフイ作家お願いいたします。私たちの消去から離れてお父さんバッジないでください。ご自分の夫は、ちょうど好きで愛してそう思い出に残して、もはや振らないでください。元の位置させて」
韓国ドラマ ブログランキン
-->
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「上品女」キム・ヒソン、チ... | トップ | 「上品女」キム・ソナ、イ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL