韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「シカゴタイプライター」ユ・アイン、別れ告げたイム・スジョン救う病院行

2017-05-19 22:09:57 | ドラマ
「シカゴタイプライター」ユ・アインが自分に別れを告げたイム・スジョンを救う負傷した。

19日の夕方に放送され、ケーブルTV tvNグムトドラマ「シカゴタイプライター」(脚本ジンスワン・演出キム・チョルギュ)11回では、ハン・セジュ(ユ・アイン)がチョ・ソル(イム・スジョン)を求める姿が描かれた。

この日のチョ・ソルはハン・セジュに「私はどうしても作家を殺したようだ」と述べ、ハン・セジュは驚いた。チョ・ソルは「どうしても前世で私は作詞様の頭に銃穴を出したようだ。どう本当にボックスでひどいのが突き出ていないか」とし「耐えがダメ脱却だ」と声を高めた。

続いてチョ・ソルは「作家がそうなかったか。私たちが出会ったのは、偶然ではない。確かにいくつかの理由があると思います。私はその理由を知っているようだ。罪の代価チルリョということだ。一生見守って痛いよう」と熱い涙を流した。

また「私は作家を好きになったのも神あらかじめ準備した繰り広げるのだ。よりすさまじく痛いよう」とし「よく生きなさい。アイライナーより作家命綱をよりきれいに描いてくれる良い方会え」と別れを告げた後、車から下ろした。

するとハン・セジュはチョ・ソルを追いかけて付けつかみ、チョ・ソルは「前世は前の誕生日だけという言葉は、上にはならない。なぜなら、私の心が県誕生日よりも病気に苦しんでいる」とすすり泣いた。これハン・セジュは"殺した理由かもしれないか。私は悪い奴だったかもしれませか」と説得したが、チョ・ソルは「申し訳ない。それの上にならない」と頑強な態度を取った。

ハン・セジュは"前の誕生日が現在の誕生日に起こるというのがあまりにも愚かだという考え人造のか」と声を高めたが、チョ・ソルは「すでに繰り返されている。私といると不幸になることだ」と述べた。そして言葉をある刹那たバイクが激しく迫ってきて、ハン・セジュはチョ・ソルを求め負傷した。結局、ハン・セジュは病院に運ばれた。

"韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シカゴタイプライター」イ... | トップ | 「試打」ユ・アインXイム・ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL