韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「数ナー」チャン・ヒョクジン、かき混ぜにされた第二の犠牲者だった

2017-06-15 23:42:39 | sbsドラマ
'怪しいパートナー」チャン・ヒョク陣キラーかき混ぜとお見合いのうち死の危機に立った。

15日午後放送されたSBS水木ドラマ「怪しいパートナー」(脚本グォン・ギヨン、演出バクソンホ・以下ができナー)でノ・ジウク(チ・チャンウク)とウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン)に電話で通知したまま一人での証拠の確保に乗り出した部屋係長(チャン・ヒョクジン)の姿が描かれた。

ジウクとポンヒの関係が、この日急反転した。先輩と後輩で恋人に発展したもの。先にジウクがボンヒに「もうやめ私を好きあげなさい。私待って約束できない保っ申し訳ありませんだが、今すぐにすぐに私を好きくれ」と心から告白した。それと共に涙を流す豊喜を胸の中に抱いた。

もちろんポンヒの心を開くことは容易ではなかった。彼女は自分のためにジウクが殺人犯チョン・ヒョンス(かき混ぜ分)を弁護することになったという事実だ。これジウクは自分もジョンヒョンスがキラーという事実を直感していたと打ち明けた。ただし、第六感に依存した漠然とした推測にすぎないと線を引いた。

ポンヒがなぜ隠しかとみれ尋ねるジウクは "あなたは今ジョンヒョンスという事故を脱却、私はこの事故をお前に経験生じる。私ジョンヒョンスない逃す。このすべてのことを別々に苦しむか、一緒に苦しむかを選択しなさい。私はあなたとのように経験していきたい」と再び彼のそばに残ってくれることを要求した。

ポンヒが最後までジウクの心を受け入れないと予想されたが、翌日の朝、彼女は「人生何のか。したいようにして生きる」と「私たちそれと、今日から1日である。付き合おう」と答えた。

そんな中チョン・ヒョンスはアリバイを立てノ・ジウク、ウン・ボンヒ、Gウニョク(チェ・テジュン)、ビョン・ヨンフイ(イ・ドクファ)、部屋の係長のうち殺人者を計画した。

マサチューセッツに積極的だった傍系長チョン・ヒョンスの決定的な証拠を得ることができる証人イージーの連絡を受け、一人で彼に会いに行くとジウクに通報した。チョン・ヒョンスがあらかじめプレーヤーを打つ前に彼が証拠を確保するというもの。

傍系章自分の携帯電話を受けないイージーに会うために開いている家に入ったが死亡している彼を見て、急に後ろから飛び出したチョン・ヒョンスと敵対である死亡した。一歩遅れてついてきたジウクは親しい兄の死亡に嗚咽した.
韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「数ナー」ナム・ジヒョン、... | トップ | 上品な彼女 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

sbsドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL