韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

初めての部屋「マンホール」に陥ったキム・ジェジュン、高校生にタイムスリップした

2017-08-09 23:18:44 | kbsドラマ
キム・ジェジュンがマンホールに落ちて高校時代に戻った。そのよう熱心に願ったユイの結婚を防ぐことができるか。

8月9日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「マンホール-ふしぎの国のフィル」(脚本イ・ジェゴン/演出パク・マニョン遊泳は)初回はボンピル(キム・ジェジュン)が結婚を一週間控えている28年片思い女カン・スジン(ユイ)の結婚を防ぐために苦労している姿が描かれた。

フィルとスジンは28年前のような産婦人科で生まれた幼なじみだった。フィルはスジンが生まれる瞬間から一ベッドに横たわっていた縁だったと主張した。また、小学校3年生の時に仲間だったスジンが自分の描いたジトグᆾは、図に泣こう一生を責任を誓っていた過去を思い出した。

スジンの家にさが入ってきた日、酒に酔ったフィルは、うるさいと暴動を甘やかす近所恥を買った。スジンが結婚する男は近所のイケメン薬剤師パク・ジェヒョン(バラ管分)であった。スジンが必要のことを謝罪しよう大丈夫と"奇妙な近所で板求めたい」とした。

「コルベンズ」幼なじみの友人も公開された。ユン・ジンスク(チョン・へソン)は、フィルと見枚ダボン女性人の友人であった。スジンの結婚に絶叫する必要に"告白をするか、または新郎を殺せ」とし、公示準備をするチョ・ソクテ(バロ)は、「離婚を待て」と助言するとんでもないを見せた。

スジンはフィルだけの招待状を送らなかった。フィルはスジンがなぜ自分に招待状を送信していないか気にしており、最終的にはスジンのオフィスを訪ねた理由を尋ねた。スジンは送ったが、まだできない受けかと囲ま大疑問をかもし出した。

一日中スジンの結婚に苦しんだボンピルは、最終的にすることに決心した。しかし、心のように簡単ではなかった。家にスジンがなく、通常結婚式の夜を払っていると確信している思うよ再現が勤務する薬局まで訪ね、二人の素材を聞いて回る。歩き回っムルビョラクを迎えた。

ボンピルは、マルチ部屋の建物から出るスジンと再現を見て怒った。再現に「せいぜい週我慢できず、5つ星ホテルでもないマルチ部屋を取ってか。進歩だいったと言うのか。私は28年待った。このマルチルームやろう」と涙を流し、そうして再現に迎え気絶する屈辱を経験した。

家に帰る途中、フィルはスジンに申し訳ありませんだと謝罪した。スジンはフィルに遅れ結婚式の招待状を渡した。したかった言葉が何なのかと、フィルは「事実あなたを見るたびに。」との言葉を減速以内」や尿マリョプダ」とし、トイレに行ってくると言った。

フィルは「愛しの一言面になることが分かった。言葉もたくさんあります。君みると、私の心は、このように狂ったように踊っているのに今更告白なんかが何の役に立つのか。愛そんなことは何変えることがあるかと」と独り言を繰り返して言った。

その瞬間フィルはマンホールに落ちて、過去の高校帰った。先生を指し「ゲシュタルトト」のニックネームを歌っ友人を見て、「お前制服着まあか」とうれしいた。ここはどこかと聞き返した。フィルは「このくだらないことジャブウィは何か」と混乱していた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めての部屋「マンホール」... | トップ | 「ただ歳」ヨ・ジング "イ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

kbsドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL