韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「推理の女王」クォン・サンウ、カリスマvsとぼけ行き来演技スペクトラム

2017-04-21 14:32:10 | kbsドラマ
俳優クォン・サンウが「推理の女王」でカリスマととぼけ演技を行き来しながら没入度を高めた。

クォン・サンウはKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」でカリスマ性のある刑事の姿は基本、ひそか優しさしらじらしい演技を加算はもちろん、高感度な感情熱演まで披露毎回新しい姿のワンスン(クォン・サンウ)を示している。

過去の放送で、彼は空き巣を装った殺人事件の捜査が大詰めに入る過程で容疑者の表情の変化をはっきりとキャッチをやった。また、麻薬事件の犯人が釈放状況に置かれ利子ユン・フイソク(キム・ホチョル役)が犯人と関連していることを直感して胸ぐら漁をして怒りなど捜査に夢中になってて、東西麻薬犬ダウンカリスマあふれる刑事の姿で目を引いた。

一方、チェ・ガンヒ(ユ・ソルオク役)がユン・フイソクためそわそわしている様子を発見した時はプライドまで曲げ嘘をし、彼女を代弁与える麻薬事件の目撃者証言をお願いするために花を準備するなど、艶がないが優しい魅力で女心をときめかせした。

だけでなく、チェ・ガンヒに協力要請をお願いするために家の前まで訪ねて直接話を取り出さはできず、彼女の前に迫ったチョン・スジン(キム・ホスン役)事件を助けてくれるチャックへのアクセス、刑事である自分が役立つ多くなることをいけずうずうしくアピールして劇の楽しみを吹き込んだ。

このようにクォン・サンウは、これまでの堅実な演技内面空白をもとに、ハードボイラー刑事画像に緩急調節を通じたしらじらしいとともに、艶がないながら親しい姿で「やはりクォン・サンウ」という反応を得ている。

「推理の女王」は、毎週水、木曜日の午後10時放送される。
韓国ドラマ ブログランキン
『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「推理の女王」チェ・ガンヒ... | トップ | マンツーマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL