韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「数ナー」ナム・ジヒョン、自転車に乗ることができたね」猫かぶり愛嬌プムプム」

2017-06-15 20:50:52 | sbsドラマ
'することができナー」ノ・ジウクはウン・ボクヒに自転車を教えてくれるとしたが、ウン・ボクヒは熱意自転車をよく乗ることができた。

14日放送されたSBS「怪しいパートナー」でノ・ジウクの父とウン・ボクヒの父の命日が同じだった。ウン・ボクヒが母親と一緒に骨壷をモショヅン追悼か入る道にノ・ジウクと里親と入った。

ノ・ジウクの母は「その悪い奴だけ、またはあなたの父がそうならないなったのに」と涙声で話した。ウン・ボクヒの母は「あなたの娘によく育った」と目頭を赤くした。

オフィスに戻ってきたウン・ボクヒはないウニョク(チェ・テジュン)にノ・ジウクはどこにあるか尋ねた。地ウニョクは "父期日の翌日ジウクヌン家族たちとピクニックに行くことにした」とし「父が亡くなった後、次の日だけでピクニックに行く」と伝えた。

ウン・ボクヒは「私も同じような経験において知る事実寂しい。実際には、一人でいるのが嫌いです。誰か、むしろ邪魔くれることを望んでいるかもしれない」と述べた。

ウン・ボクヒはノ・ジウクが一人でいる公園に向かった。ウン・ボクヒは「亡くなったお父さんの記憶が多くはないのに、そのいずれかが自転車だ。自転車教えてくれるし、亡くなった」とした。

ノ・ジウクはウン・ボクヒの手首を集めて自転車を教えてくれるとしている。この時、ウン・ボクヒは地下鉄で自分のお尻を触った変態が他の女性をこっそり撮っている姿を目撃した。自転車を運転し、変態を追って行った。ノ・ジウクは「語、よくタネ "と言って笑いを誘った。

ノ・ジウクは、ニュースでウン・ボクヒが悔しいことにあったのを見たとし、 "そこに殺人事件が多く起きて私の他の近所に引っ越して行った」と伝えた。

ノ・ジウクは自転車をよく乗る馬を取り出すウン・ボクヒは「お父さん亡くなった後、セルフで学んだ。ところが、弁護士様のおかげで記憶が出た」といけずうずうしく答えた。
韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「怪しいパートナー」、不気... | トップ | 「数ナー」ナム・ジヒョン、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL