韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「推理の女王」だ設計された日、チェ・ガンヒ父=クォン・サンウのガールフレンドの殺人

2017-05-18 23:48:15 | kbsドラマ
「推理の女王」チェ・ガンヒとクォン・サンウがした事件で絡み合っていた。

18日夜KBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本イ・ソンミン演出キム・ジンウ)14回が放送された。

この日チョン・ジウォン(シン・ヒョンビン)は長塗装(ヤン・イクジュン)に会いにしながらハ・ワンスン(クォン・サンウ)に電話をかけた。危険だと言ってたがチョン・ジウォンは章塗装に会いに行った。ハ・ワンスンが心配になって走っていった。

以後チョン・ジウォンが正体不明の車に追われ負傷した。チョン・ジウォンは心配して駆けつけたハ・ワンスンを見て内心感動したし、自分をオフィスに連れて行ってもらった。

オフィスでチョン・ジウォンはハ・ワンスンのガールフレンドの殺人事件の犯人を知らせると言って新任同タクシーの運転手自殺事件資料を渡した。その中には「7年前にタクシーに乗せた女性を殺した"、"時効が終わるまで非表示にしたが、妻が知った」と罪悪感のために自殺するという遺書が含まれていた。この遺書を書いた人は、ユ・ソルオク(チェ・ガンヒ)の父。

ハ・ワンスンは当時、自分のユ・ソルオク父が電話をしていたという事実を思い出させて"このタクシー運転手はない。そうすれば、私に連絡をしたわけがない」と叫んだ。これチョン・ジウォンは「設計されていた。最初から」と「してくださいそのことから手離し。理解できないと、ただ暗記。ソヒョンスさんを殺したのは、そのタクシーの運転手だ」と述べた。

ハ・ワンスンは、その後の道に立っていたユ・ソルオクを発見したを。ユ・ソルオクを夫婦同伴会議の場所まで乗せてくれた。

車に乗ってながらハ・ワンスンはユ・ソルオクに「父が他殺ではない可能性がありじゃない」と述べ、ユ・ソルオクは「他殺です明らかだ」と断言した。ハ・ワンスンは「他殺といっても、時間が長すぎる過ぎ。真実を明らかにするには、 "と述べた。

ハ・ワンスンは継続事件を調査するユ・ソルオクは心配になって「やばい。犯人は私が見つけることが」と大したことはないように声をかけた。ユ・ソルオクは拒否してハ・ワンスンは「とにかく一人ではないよ。ようにして」と提案した。

一方、この日ユ・ソルオクは夫婦同伴会の席で、他の女性と夫キム・ホチョル(ユン・フイソク)の姿を目撃した。さらにキム・ホチョルと来た女性は、ユ・ソルオクのような服まで着ていた。

これ急いでカーテン戻る体を隠したが、体が絡み合ったカーテンが落ちた。急いでユ・ソルオクは逃げ、キム・ホチョルが付いた。キム・ホチョルが解明しようとしましたが、ハ・ワンスンが「待っている人のようだやめガブワヨ」とユ・ソルオクを手にした。また、「この服の女性ははるかに優れた」とユ・ソルオクを上にした。

だけではなかった。この日の放送でキム・ホチョルがユ・ソルオクの両親事件に関与しているという事実が明らかになり、衝撃をもたらした。またハ・ワンスンはこの章塗装殺害濡れ衣を着せられ逮捕された。
"韓国ドラマ ブログランキン
『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「推理の女王」チェ・ガンヒ... | トップ | 「お前、私就職しろ」... 「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL