韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「推理」クォン・サンウXチェ・ガンヒ、空調ing ... シーズン2暗示したハッピーエンド

2017-05-25 23:59:11 | kbsドラマ
"まだ事件が終わっていないですね?」

25日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」最終回では、空調を停止していないソルオク(チェ・ガンヒ)とワンスン(クォン・サンウ)の姿が描かれた。

前ソルオクはハイジャック犯によって撃たれ、病院に運ばれていった状況。自分のためにソルオクが負傷考えワンスンは「おばさんも私を忘れてこれ以上のおばさんのリスクになるだろ見ることができないから」とソルオクのそばを離れた。

時間が流れてソルオクは夫ホチョル(ユン・フイソク)とその家族がいる実家から出て一人で住んでいたし、国際弁護士資格を取るために、米国で離れたワンスンも韓国に帰ってきた。しかし、ワンスンの米国行きは前の恋人ソヒョンスを見つけるためだった。

もう一つの反転があった。縁を切ったと思ったソルオクとワンスンがハ・ジェホ代表(章光分)の目を避けて内通しソヒョンス事件の真犯人をとるのに苦労していた。ホン所長(イ・ウォングン)と船長(アン・ギルガン)も二人を助けた。

これらのワンスンの作戦に気づいてハ代表との取引をしようとしていたサポート(シン・ヒョンビン)は、このような計画が失敗すると、最初からしエンジョンを行うことに決めた。その間ハ代表はソ・ヒョンスの死を確認するために墓を暴いてDNAを確保しようとしたが、この現場にワンスンが現れ、彼の体の有機疑いで逮捕した。

事件を解決したワンスンは警察に復帰し、ソルオクは本格的に警察官試験の準備を始めた。続いて、刑事が殺されたという知らせを聞いたソルオクとワンスンは「まだ事件が終わっていないですね?」と再び手を組んだ。

続いて、死んだとばかり思っていたソヒョンスが華やかに登場する姿が描かれ、これらの空調が継続されることを示唆した。
"韓国ドラマ ブログランキン
『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「推理の女王」クォン・サン... | トップ | 「怪しいパートナー」チ・チ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

kbsドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL