韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「数パートナー」イ・ドクファ "法より拳」かき混ぜ取ろう証拠操作ナイフ

2017-06-22 23:10:18 | sbsドラマ
'することができナー」の証拠操作剣をドロップされた人は、ビョン・ヨウンフイ(イ・ドクファ)であった。

22日放送されたSBS「怪しいパートナー」で押収捜索令状を持って家を捜索していた中で血剣を発見した検察。これチョン・ヒョンスは脱出してから、交通事故に遭った。

ノ・ジウクはユイ(ナラ)にチョン・ヒョンス家に部屋係長を刺したナイフがあると情報提供した人が誰か尋ねた。これリグ教えてできないとした。

意識不明だった傍系枚目が覚めた。傍系長は「ジウクあ」と目を開いた。

ウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン)は、実際のおかげであると、ノ・ジウクは「驚いたでしょう」と涙を流した。

交通事故に遭ったチョン・ヒョンスは入院し、手術後意識不明に陥った。

傍系章リハビリ後全快されて退院した。せっかくノ・ジウクとウン・ボンヒは気持ちよく家に帰ってきた。

ノ・ジウク証拠操作ナイフをドロップされた人が誰であるかの法律事務所の家族を疑った。知ってみると、ビョン・ヨウンフイが露地ウク病院で部屋係長にしていた言葉を聞きつけされたもの。ビョン・ヨウンフイは寝たふりしたが、なかった。そしてノ・ジウクの引き出しの中にあった包丁を抜いてチョン・ヒョンスの家にこっそり持ってた。

ビョン・ヨウンフイは「法曹に恥ずかしいことだが、時には法より拳で」と意識不明の部屋係長に話した。
韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「怪しいパートナー」チ・チ... | トップ | チ・チャンウク・ナム・ジヒ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

sbsドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL