韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「推理の女王」OCNドラマはないよ?連続殺人事件がもたらした効果

2017-05-12 09:21:44 | kbsドラマ
クォン・サンウとチェ・ガンヒが連続殺人事件の捜査に突入した。

11日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本イ・ソンミン/演出キム・ジンウ、遊泳は)12でクォン・サンウ(ハ・ワンスン役)とチェ・ガンヒ(ユ・ソルオク役)が協力捜査を通じて「ベバン同殺人事件」の犯人を保持し、再び連続殺人事件の捜査を進める姿が描かれた。

下着窃盗犯を検挙して取り調べていたクォン・サンウはそれから洗濯物を蹴っていく男のシルエットを見た、外部からの誰か入らはなかった文を受けた。翌朝事件現場を訪れたクォン・サンウとチェ・ガンヒは、複数の状況を分析し、犯人は、その集合住宅や塀かの間に置いた隣に住んでいる人だと判断した。有力な容疑者を対象に調査を行ったが、すべて犯行事実を否認し、互いに他を指定した。

被害者の引き出しの上に置かれた服が気になったクォン・サンウはチェ・ガンヒ、キム・ヒョンスク(わずか役)との会話の中で引き出しの中の整理された衣服としか置かれた服が、他の方法で晴れことがわかった。中整理された衣服は、衣服店でよく使う方法で晴れですが、外に置かれた服は、軍隊で服犬は方法を使用したことを把握しており、洗濯物から全く別の繊維が出てきたの鑑識結果も受けた。

これクォン・サンウとチェ・ガンヒは有力容疑者として調査していた被害者の家の3階に住んでいる人を見つけていく。彼は軍隊を除隊してから数ヶ月されておらず、市場で服を運ぶ仕事をする人であった。アン・ギルガン(倍長役)とイ・ウォングン(ホン・ジュンオ役)の助けを借りて二人は犯人を逮捕した自白を受けた。

一方、犯人が偽装しようとしていた7年前「テープ連続殺人事件」の本当の犯人が再び犯行をはじめ、劇の緊張感を高めた。

また、博餅は(右軽減役)このような事件に執着していた理由は、7年前、その事件の犯人を捕まえるために夜通し働いていた後輩の死からであることが明らかになって見る人々を残念にした。博餅は、特別チームの分析を介して犯人を特定し、検挙に乗り出したが雑誌なかったその時刻パトカーに偽装した犯人は別の犯行を開始した。

放送末尾、殺人の車を追いかけるチェ・ガンヒ、イウォングンと一人の犯罪者の車の前に銃を向けて立っている博餅はの姿が描かれて、次の回の疑問と期待感を増幅させた。
"韓国ドラマ ブログランキン
『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「推理の女王「熱血刑事ハ・... | トップ | 「マンツーマン」→「ライオン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

kbsドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL