韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「毎日見たかった」... 「ただ三 '2次ティーザー、見るほどのめり込む

2017-07-14 21:06:23 | sbsドラマ
SBS新しい水木ドラマスペシャル「また会った世界」(脚本イ・フイミョン、演出ぺク・スチャン)の2次ティーザー予告が公開され、ドラマに対する期待感を一層高めた。

「怪しいパートナー'後続で7月19日から初放送される「また会った世界」は、19歳の青年溶解性と同い年の友人である三十一歳の女性庭園、このように12年の年齢差が出る同い年幼なじみの男女のファンタジーロマンスで、「においを見る少女」、「美女空芯が「後に3回目の力を合わせたイ・フイミョン作家とぺク・スチャン監督の作品でも、多くの話題を呼んでいる。

過去1次ティーザーに続き、今回はソン・へソン(ヨ・ジング)と子供のジョンウォン(チョン・チェヨン)の過去の縁は、ソン・へソンと大人のジョンウォン(イ・ヨニ)の現在の話が描かれ、再び注目を集めている。

ここで、教室の廊下を歩いていたソン・へソンがいつのまにか学校の運動場を駆けながら、「お前が間違ってない"、"ガーデンああ。私はあなたのために死んだんじゃないの」という言葉を渡しながら始まる。続いて、画面は大人のジョンウォンが顔に傷を負ったソン・へソンを治療する姿は、納骨堂で空を眺めて「ソン・へソン」と呼ぶシーンにつながった。

そうするうちに再び教室の廊下が登場、ここでソン・へソンは、自分に向かって「おいあざ分解早くと早く」という言葉と一緒にして取り除く笑う子供の庭を発見した。以来、彼は大人の庭の流れる涙を拭いたでしょうと、子供の庭のヘアケアに自分の頭を預ける姿に仕上げました。

特に、今回のティーザー予告は映像序盤公開された謎の鐘のおかげで、ドラマの神秘が加わることができた。

このように、2次ティーザー映像公開で話題を継続している「また会った世界」はヨ・ジング、イ・ヨニ、アン・ジェヒョン、チョン・チェヨン、シオン、キム・ジンウ、パク・ジンジュなどがいきいきしても清涼感あふれる演技を披露しながら、2017年の夏、お茶の間に新鮮な感動を抱か予定である。「怪しいパートナー'後続で7月19日から毎週水、木曜日の夜10時に放送される。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「数ナー」チ・チャンウク♥ナ... | トップ | 「上品な彼女」キム・ソナ、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL