韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「シカゴタイプライター」ユ・アイン、グァク・シヤンのゴーストライターであった

2017-04-21 23:04:27 | ドラマ
ユ・アインがグァク・シヤンのゴーストライターであった。
21日放送されたtvN「シカゴタイプライター」ではハン・セジュ(ユ・アイン)がぺク・テミン(グァク・シヤン)のゴーストライターだったという事実が明らかになった。
ユ・ジンオ(コ・ギョンピョ)は、ハン・セジュに「作家ももしかしたらゴーストライターだったのか」と尋ね、ハン・セジュはユ・ジンオの質問に二人の過去を回想する。
知ってみるとぺク・テミンのヒット作「縁」は、一世紀株価書いたもの。ぺク・テミンはハン・セジュが机の上に上げられていた「縁」の原稿を読んで、ハン・セジュは「ムチも良いニンジンも食べさせてながら時であろう」とし「血がされて歳になる鞭でも痛いのは痛いんだ」と言う。
ぺク・テミンは「縁」を見て瞳が揺れて、ハン・セジュは "トトネ、トトオ」と「先生素晴らし見せてはならない」と述べた。以後ユ・ジンオが再びハン・セジュに「ぺク・テミンの縁を代わりに書いたゴーストライターか」と尋ねハン・セジュがぺク・テミンのゴーストライターだったことが明らかになった。
韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンツーマン | トップ | 「シカゴタイプライター」イ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL