韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「数ナー」チ・チャンウク、ナム・ジヒョンに切々と告白「今好きして」

2017-06-15 21:02:01 | sbsドラマ
チ・チャンウクがナム・ジヒョンに向かって再び告白した。

14日夜10時放送されたSBS水木ドラマ「怪しいパートナー」(脚本グォン・ギヨン/演出パク・ソンホ)21、22回では、ノ・ジウク(チ・チャンウク)、ウン・ボクヒ(ナム・ジヒョン)のロマンスと事件の炎さも大きくなった。

ウン・ボクヒは、母親と一緒に父の期日に納骨堂を訪ねた。ノ・ジウクも母鸿福者(残し苦労)、ビョン・ヨンフイ(イ・ドクファ)と一緒に同じ場所にいた。ビョン・ヨンフイがウン・ボクヒの後ろ姿を発見したが、合わせることができず、そのまま通り過ぎた。

ノ・ジウク弁護士事務所には、未来を見る人(ソ・ドンウォン)が訪ねてきた。彼はカフェで他の人との戦いを繰り広げてしまったし、自分が前を見ることができていると、相手の男が凶器でアルバイトをチルリョのが見えたした。男は弁護士事務所の人が信じほど数回予測をした。

ウン・ボクヒは、自分も知らないうちに事件現場を目撃し、そのための犠牲者が出ており、自分も複数の事件を経験したことがないかも疑問を持った。チョン・ヒョンス(ドンハ)と出会った銀豐希は彼のイヤホンから出てくる音楽を聴いて、過去目撃者の陳述が虚偽だったと気づいた。ウン・ボクヒは「私犯人を引き込んで弁護士様に殺人弁護をすることにした」と途方に暮れた。ウン・ボクヒの後ろ姿を見ていたチョン・ヒョンスは「国は巨大知ってはいけないのに、そうすれば私は弁護士さんに害を与えなければならじゃない」と低めに言った。

ウン・ボクヒはノ・ジウクに彼の告白に答えをするとした。ノ・ジウクは大喜びしながら一日も早く正式に回答を聞く日を待っていた。しかし、ウン・ボクヒはノ・ジウクが犯人を擁護するようにしたが、罪悪感のために、彼はあなたの答えをくれなかった。ノ・ジウクはウン・ボクヒの心を知ることができない焦りながらも待つとした。

チョン・ヒョンスはウン・ボクヒの前奇襲となった。彼はウン・ボクヒに近付く瞬間までウニョク(チェ・テジュン)が現れた。地ウニョクはチョン・ヒョンスに身近にカキながら感情を完全に消した。

未来を見るノ・ジウクの依頼は「ここにいる人の中の二人は、遅かれ早かれ死ぬ」と予言している。その中の一人は、自分自身であった。男は、携帯電話を見ながら横断歩道を渡る車に轢かれてしまった。ノジウクは銀豐喜を失うかもしれないという不安すること包まれた。彼はウン・ボクヒを胸に抱いて、「棒ヒヤもうやめ私を好きあげなさい。私は待ってくれると約束したんなかっ保っ申し訳ありませんのに、今すぐその場で私を好きして」と懇願した。

韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「数ナー」ナム・ジヒョン、... | トップ | カン・ミンヒョク側 " '病院... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL