韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「マンツーマン」パク・ヘジンXキム・ミンジョンXパク・ソンウン、キム・ビョンセ殺人汚名剥がか

2017-05-14 00:30:50 | ドラマ
'マンツーマン」パク・ヘジンとキム・ミンジョン、パク・ソンウンが力を合わせキム・ビョンセの殺人汚名除去するに乗り出した。

13日放送されたJTBC週末ドラマ「マンツーマン」(脚本キム・ウォンソク/演出イ・チャンミン)8回では、過去のことについて会話を交わすキム・ソルオ(パク・ヘジン)とチャ・ドハ(キム・ミンジョン)の姿が描かれた。

この日チャ・ドハは秘密保持サイン書に署名をする前にキム・ソルオへ会うのを望んだ。これキム・ソルオは "ボディーガードは、胃の身分であったこれまでの任務の作戦中だった。詳細については、言うことはできない。作戦は終了したし今前に去る。整理お願いする」と毒舌で別れを告げた。

結局キム・ソルオは連絡一つなく消えしまったし、チャ・ドハ彼の電話を受けなかったため、嗚咽しヨ・ウングァン(パク・ソンウン)に「その子殺してしまうだろう。「ごめん」の一言だけしたらされた。どのようにも言わずに消えて」と病気の心を明らかに切なさを催した。

一方、キム・ソルオは継続任務を遂行していった、ぺク議員(チョン・ホジン)とモ・スンジェ(ヨン・ジョンフン)も悪行を続けていった。特にぺク議員はチャ・ドハ父チャ・ミョンソク(キム・ビョンセ)にロバートユンの殺害容疑をかぶせた。イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)、チャンチーム長(チャン・ヒョンソン)も二人の計略にはまって危機に処した。

章チーム長は、「任務を中止する」と述べたが、ギムソル泣くこれ聞かず、チャ・ドハは事件で拘束されたソ・ギチョル(テイン号)は、キム・ソルオに「チャ・ミョンソクの無罪を証明する証拠がある」との取引をしようとした。以後ソ・ギチョルは脱出に成功したぺク議員に「一度だけのチャンスをくれ」と哀願して気がかりなことを高めた。

そして放送末尾、キム・ソルオとチャ・ドハが再会することになった。チャ・ミョンソクの濡れ衣を除去するためにヨ・ウングァンはチャ・ドハをキム・ソルオがいるところに連れて行ったものである。チャ・ドハはキム・ソルオにパンチを飛ばした後、チャ・ミョンソクの話を交わした。横にヨ・ウングァンも「助けが必要であり、先に行く」と言った。

これキム・ソルオはしたかある。USドルで500万ドルが必要だ」と答え皆を驚かせた。
"韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マンツーマン」キム・ミン... | トップ | ユ・ジュンサン側 " '操作'出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL