韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「秘密の森」ユ・ジェミョン、殺人イ・ギュヒョン背後であった「反転」

2017-07-29 23:19:46 | ドラマ
ユジェミョンが殺人イギュヒョンを動かした背後だったことが明らかになった。

7月29日放送されたtvN週末ドラマ「秘密の森」15回(脚本イ・スヨン/演出アン・ギルホ)でファン・シモク(チョ・スンウ)は、ユン・セウォン(イ・ギュヒョン)の背後を気づいた。

検事ファン・シモクと警察ハン・ヨジン(べ・ドゥナ)は、ヤング数(シン・ヒェソン分)を殺した殺人犯にユン・セウォンを疑うばかり出国しようとしユン・セウォンを空港で逮捕した。ユン・セウォンはパク・ムソン(オム・ヒョソプ)殺人とキム・カヨン(パク・ユナ)殺人未遂を認めた。2年前の6歳の息子が交通事故で死に、パク・ムソンはそのバス会社に続い見てくれたブローカーだったこと。

ユン・セウォンはパク・ムソンが私の息子が経験した苦痛を経るをバー分けた、キム・カヨンは生き延びて、自分が催された高位層の男性を明らかにバー願ったので、殺さなかったと認めた。しかし、ファン・シモクはこの令ができ、死について聞くと、ユン・セウォンはヤング数を殺さなかった否定した。ファン・シモクは、ヤング数父親英和材(イ・ホジェ)が持っていた一組の不正書類を狙った人に殺されたと思った。

その間イ・チャンジュン(ユ・ジェミョン)は、妻のイ・ヨンジェ(ユン・セア)に財産を一度奨学財団に返しておいて、後で取り戻すという意味を持った呼びかけと娘に会いますと出国を勧めた。イ・ヨンジェは夫イ・チャンジュンを半信半疑ながらも出国し、イ・チャンジュンはイ・ヨンジェを優しく空港まで見送りながらも、「よく"と呼ば冷ややか独り言た。

ハン・ヨジンは、自分がファン・シモクにかかってきたヤング数の電話を代わり受け会食に招待したせいでヤング数ユン・セウォンの入れ墨を見て死亡したと自責していた。ファン・シモクはハン・ヨジンに電話をかけ、「その殺人を特任チームに座らせたのが灘」と「ユン課長がゼロ検事は殺さなかったという。多分ハンギョン位様がゼロ検査歌ったことと無関係できる」と慰めた。

英和材娘ヤング数を殺した殺人犯に会わなければと言ってファン・シモクを訪れ、ヤング数持っていた一組の不正文書が明らかになればイ・ユンボム(イ・ギョンヨン)の脱税のために娘イヨンジェも逮捕することができる状況であり、3年前にイ・チャンジュンが自分を訪れて妻を守るためにひざまずいて涙を流したことを打ち明けた。ソ・ドンジェ(イ・ジュニョク)は、英和材を上にしようと、「ファン・シモクが犯人キャッチだ」と述べた。

そのような状況では、ファン・シモクは、空港CCTV画面を確認ユン・セウォンが逃げようたのではなく、誰かをキャッチ空港に行ったことを知った。ファン・シモクはユン・セウォンに共犯者があったことを気づいチェトゴ、先ヤング数自宅に潜入した彼を目撃したせいで殺されれたと推測した。ファン・シモクは再びその犯人の写真をソ・ドンジェに送信イ・ユンボムイ・チャンジュン周辺にその人物がいないか尋ねた。

ソ・ドンジェはイ・ユンボム秘書呉実装の後ろ姿を知って見て、ファン・シモクはイ・ユンボム、オ・ビョンジュンをヤング数を殺した真犯人に確信すると同時に、彼の存在を知っているイ・チャンジュンをユン・セウォン背後に確信した。彼と一緒にイ・チャンジュンが膜パク・ムソンを殺そうとしたユン・セウォンを訪ね、「必ず血をもたらす場合、私の話まず聞いてみるのがどう?」と手を差し出した過去の歴史が明らかになった。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「秘密の森」チョ・スンウ、... | トップ | 「上品女」チョン・サンフン ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL