韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「シカゴタイプライター」幼児であるXイム・スジョン、前世の記憶を共有開始

2017-05-14 00:13:56 | ドラマ
ユ・アインがイム・スジョンと前世の話を交わした。

13日放送されたtvNグムトドラマ「シカゴタイプライター」ではハン・セジュ(ユ・アイン)がチョン・ソル(イム・スジョン)とデートをした。デート中の二人は、一緒に射撃場を訪問した。セジュは射撃場でソルの銃を快く雑誌なかったので、「あなた前世の誰かを殺した、それは祖国のための仕事で絶対あなたのせいではない」と慰めた。

その言葉にヒムイプたのかソルは射撃場で素敵な実力を披露した。ソルはセジュに「生きながらこんなに素敵な上には初めてだ」とし「小説家ダウン素晴らしい上だった」と伝えた。ソルはセジュがした話が転生という考えをしていない、その言葉を信じていない表情を浮かべた。

セジュはソルに「君は私に会ったことは、明らかに偶然ではない」とし「私たちが縁」と伝えた。それと共にセジュはソルに「小説連載がされると、必ず読む」と述べた。当惑しているソルにセジュは「小説はストーリーであり、私の話だ」とし「小説を読むと、より多くの記憶が浮上することもできる」と付け加えた。

セジュの小説を読んだソルは「私はこの時、スヒョンが何を考えて、ここにいたのか知っている」と驚いた。セジュは再び立つに訪ねてきて、「新たに浮上した記憶が覚めた?」と心配そうに尋ねた。

ソルはセジュと前世の話を交わした。驚くべきソルにセジュは前世の話を続けた。セジュはソルに「お前と私は京城に一緒にいたから」と、今自分の言葉を信じてと伝えた。セジュが自分の家に配達されたシカゴタイプライターとのソルがある時計の事情も言う説は伸び(ゴ・ギョンピョ)の話を取り出した。

ソルは伸びの話として、「私に銃を撃つ方法を教えてくれた人なのにすごく甘いした」と述べた。セジュの横でソルの話を一緒に聞いていたユ・ジンオ(ゴ・ギョンピョ)は、「節まず覚え州ましたよね」と感動した。

一方、20年前にチョン・ソルを捨て去ったお母さんがチョン・ソルを訪ねてきた。ソルに訪れたソルのお母さんは「お母さんがあなたを残し本当の理由を教えてもらおうときた」とし「(お母さんも)前世の記憶がある」と伝えた。

"韓国ドラマ ブログランキン
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「致死して幽霊やってらんは... | トップ | 「マンツーマン」パク・ヘジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL