sigh of relief

くたくたな1日の終わりに、
熱いコーヒーと、
甘いドーナツと、
友達からの手紙にほっとする、感じ。

傷ついている人の怒りは

2017-07-17 | Weblog
わかる。わかるけど、もやもやするところがあって考えた。
「冷静に」なんてなりません!|Erin|note(ノート)

差別などの被害者が怒りをあらわにしたり過激な言葉を使うことを、
冷静にならないと感情的すぎてそれでは理解されないよ、と
安全なところにいる人が封じ込めようとするTone policingについて
書かれています。
それはメッセージそのものではなく、それに付随する感情を批判することで
議論を脱線させる戦術であり、
冷静な対話を、中立的なディベートで解決に導くことを要求することだそうです。
しかし、怒りや悲しみの感情は正当なもので、それを
当事者でない特権的に安全なところにいる人から指図されるべきではない、
と、そういう感じのことがこのリンクには書かれています。
(リンク切れの時のためにざっとまとめました)

書かれていることはよくわかるんです。
自分自身は激しい怒りをぶつけるようなことはできるだけしないけど
当事者にとって、そうせずにいられないことは理解できるし
仕方ないと思うし、認めるべきだと思う。
ただ、その一方で、
激しい怒りで相手を支配してしまうことの問題もあるんじゃないかな。
安全で特権的な立場にいるとしても、
弱い人はその怒り自体を恐れて納得できないまま不本意に
折れるしかできなくなることもあるし、
強い感情を発散させている人がこわくて、
きちんと考えたり話したりするのができないわたしのような人も多いと思う。
強い感情に、支配されてしまう弱い人も多いと思うんです。

強い感情の発散のパワーは扱いが難しい。
批判を黙らせたいのでも、議論を脱線させたいのでもなく、
心理操作をしたいのでもなく、むしろ逆に、強い怒りや感情によって
こちらが心理操作をされるも、こわいのです。
本当に傷ついている当事者の怒りは間違ってないとわかってるんだけど。
難しいものだなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「蜜蜂と遠雷」読書会 | トップ | お弁当生活再び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。