sigh of relief

くたくたな1日の終わりに、
熱いコーヒーと、
甘いドーナツと、
友達からの手紙にほっとする、感じ。

息子の旅:長い旅のお土産

2016-11-02 | こども
今年初めから半年ほどアメリカに交換留学したあと早めの夏休みに7週間ほど
南米からヨーロッパを数日毎に移動する旅をして帰ってきた息子。
そのお土産。
こまごました、何かのおまけみたいなものばかりだけど、
まあバックパック旅行だから荷物増やせないし、こんなもんか。無事帰ってきたし。

・黒っぽい瓶は、グリオットというさくらんぼのジャム。試食して美味しかったと。
 食べてみたら、ダークチェリーより繊細でさくらんぼより濃い、絶妙のおいしさ。
 息子はなぜかジャム好きで、外国行くとジャムを買う。笑
・その左の緑はドロイド君。アメリカ土産かな。
 グーグルのキャラなの?前に、これの小型の、ねじまきで歩くやつを
 ゼミのアメリカ研修のお土産にくれた。とぼけてるよねぇ。
・手前のは切手。ヨーロッパや南米の切手はたくさんほしいと伝えたけど
 息子は郵便局や切手博物館によらないので、なかなか買えない。
 フランスで小さい郵便局に入った時に、記念切手あるかと聞いたら
 出てきたのが蜂の絵の切手シートだそうで。色はきれいだけど、虫は苦手〜。笑
 小さい、使用切手パックは蚤の市で買ったと言って気が。
・ギリシャやトルコの、魔よけ?の目玉ガラス。
・トルコのゲストハウスのエスプレッソカップ、もらいものらしい。
・トルコのオリーブオイルの小瓶

息子の旅を、無理やり送らせた写メで勝手にまとめたシリーズ最終回です。
ああ、おもしろかった。
自分は行ってないくせに、なんかすごくおもしろかったので
旅行に行くけど、ブログ書くほどマメじゃない人は、
わたしにメールやLINEで写真とひとこと送ってくれるといいですよ。
わたしのブログに勝手にまとめますよ。笑

→ゼロとお土産編を足すと10個になった全部の息子の旅シリーズ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息子の旅8:ギリシャとトルコ | トップ | 月記:2016年9月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。