sigh of relief

くたくたな1日の終わりに、
熱いコーヒーと、
甘いドーナツと、
友達からの手紙にほっとする、感じ。

こんまる日々20:床貼りの人たち

2017-06-15 | Weblog
廊下を先に貼ってから、ヘリンボーンの部屋に進みました。
ヘリンボーンの部屋以外は、安価な規格品のフローリングで、
マンションの規則もあって、なんか足元ふわふわしてるやつ。
ヘリンボーンと比べると本当に安っぽくて
無理しても他の部屋も無垢材にすればよかったかなぁと
ちょっと後悔。でも予算上仕方ないか・・・。

床貼りの人たちは、いつもの優しい大工さん達と違ってちょっとこわい。
大入道みたいな人もいるし、わたしの言うことをあまり聞いてくれない感じ。

ピアノが重くて動かすのが大変で、すでに貼った床の方へ一旦あげるんだけど、
昨日見た大工さんたちのやり方を教えてあげてるのに、
全然話を聞かずに3人がかりで随分時間かかってた。
昨日の大工さんは二人で、わりと短時間で動かせてたのに。
そしてわたしは貼ったばかりの床やピアノに傷がつかないかはらはら・・・
愛想が悪いわけじゃないんだけど、とにかく、
昨日はこれ使って動かしてましたよって言っても、はぁ、というだけで無視。
時間かけて色々やった後で結局、わたしの言った通りにしてたので
最初からわたしの話をちゃんと聞いてくれてればよかったのに、
素人の言うことは、って見下してる感が出てたような気がする。
やっぱり大きな男性が数人いて、話を聞いてくれないと
いつも以上にストレスが大きいし、緊張して疲れました。
時間もったいなかったなぁ、その日の予定終わらなかったし。
 
カーペットを剥がし下地作りをして貼っていきます。
 
計算しながら1枚ずつ貼っていく。端っこは揃えて切ります。大変そう。

他の部屋はこげ茶の床。ヘリンボーンはこのあとオイルを塗りこんで色を濃く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんまる日々19:工事中いる... | トップ | こんまる日々21:工事中のモ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。