sigh of relief

くたくたな1日の終わりに、
熱いコーヒーと、
甘いドーナツと、
友達からの手紙にほっとする、感じ。

こんまる日々23:工事中の台所の床

2017-06-18 | Weblog
台所から洗面所へは続いてて、廊下へ通り抜けできる構造なんだけど、
その台所と洗面所の床は、かわいくしたかったんですよ。
大体のことに対して、かなりこだわりのない方で、すぐめんどくさくなるし、
あーもーそれでいいですよ〜テキトーで〜、とつい言ってしまうわたしだけど、
リビングのヘリンボーン床と、そこだけは少しだけこだわりが。
基本的に壁は白いし、ドアや窓枠なども白いし床は茶色いし
ヘリンボーンはシックだし、シンプルで落ち着いた感じなんだけど
カラフルなのも好きなんです。

それで台所と洗面は色違いの、カラフルで派手なデザインのにしたんです。
ちょっとレトロな感じで、台所は赤系、洗面は青系。
でも前日になって、それが廃番だったということで急遽選び直した素材が、
なんとまたまた廃番だったということで、工事が延びた。
GWには友達が泊まりに来るので、絶対今月中には終わるようにと言ってあったけど
焦りました。もうかなりタイトな日程になってたので。
床ができていないと、洗面所も仮置きの洗面台のままで
新しい洗面を入れられないし、鏡もないどろどろの仮洗面台のままでは。。。
GWに間に合わせるには、他の不本意な床にするしかないのかなぁと心配した。
業者さんが、また別のカタログ持ってきますと言うんだけど
2度もこういうことがあって心配なので、夜中にネットで素材をあれこれ探してみた。
ネットで探すと、欲しかった廃番のモノの在庫のあるところもあるけど、
それだと数日はかかるからGWに間に合わない。

何冊もの分厚いカタログを見ても、ほとんどナチュラルかモノトーンばかりで、
木目調やタイル調はあるけど、赤や青などの色を使ったものは、ほぼ、ない。
壁紙はまだましでした、数年前に比べてもカラフルなものや
面白いデザインのモノが増えてきてる気がします。
とはいえ輸入物に比べたらほんの少しでしかないけど。
でも台所や洗面所やトイレの床によく使われるクッションフロアーは、
驚くほど、つまんないモノしかない。
色柄モノが、一つもないメーカーもある。
3度目に、業者さんが持ってきてくれた3冊くらいのカタログの中にも
青や赤の色柄パターンのものは、ひとつもなくて、すごくがっかりしました。
台所の床は、リビングのヘリンボーンの次に、楽しみにしてたのでがっくり。

ネットにもほとんどなくて、少しでも早く着きそうなモノの中で、
ほぼ、唯一の色柄デザイン(モロッコタイル風?)のものを買うことにするか、
でも間に合うかな?と思いながら、翌朝工事の人に話すと
品番を控えてすぐに業者さんに電話連絡、発注。翌日には届けてくれることに。
助かったけど、2度続けて期限切れや在庫切れのカタログを持ってきて、
さらに、わたしがネットで選んだ素材の載ってた会社のカタログを用意できなかった
業者さんの段取りの悪さに、ちょっと焦りました・・・。
結局自分で調べて自分で選ぶしかないのかぁ、と。

でもなにより、日本の規格品のつまんなさにはがっかり、呆れたな〜。
 
最初に欲しかったたレトロなものより、やや大雑把な感じの柄だけど仕方ない。

台所の壁は水色。ティファニーブルーっぽい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんまる日々22:工事中の調理 | トップ | こんまる日々24:洗面所と台所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。