sigh of relief

くたくたな1日の終わりに、
熱いコーヒーと、
甘いドーナツと、
友達からの手紙にほっとする、感じ。

スープの冷める距離

2016-10-15 | こども
テロよりも事故よりも、人間が誰もみな一人残らず、
生まれたら必ず死ぬということのほうが怖い、と息子が言ってた。
小さい頃から、人が死ぬということが怖いような子だったな。

息子はおバカで未熟な子供だけど、こういう言葉を聞くと、
自分とは違う生き物なんだなぁと、他人なんだなぁと、改めて、面白い気持ちになる。

息子は今京都に住んでるけどこれくらいの距離感がやっぱりいいかなと思う。
何か用事があれば、ひょっと1、2泊しに来る。
別の用を思い出してすぐ京都に帰ったりする。
ずっと一緒に住むとめんどくさいけど(一人暮らしに慣れすぎ)
時々来るくらいがいいな。
スープは冷めるけど、たまに寄れる距離。

息子が住んでるのがアメリカとかだと、たまの帰省が非日常の行事になっちゃうけど、
電車で遊びに行ける京都くらいの距離だと、
ふらっと帰ってきても、普通の日常のままなので、自然なままでいい。
別の人生を別の場所でやってるけど、珍しい存在ではないというのがいい。

というわけで、息子が一晩だけ何かの用事で帰ってきたりしても、
母は予定があっておでかけで、ご飯も一緒に食べなかったりもする。笑
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外食するということは | トップ | 糖質制限日記:5・6週目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。