五部輪通帳

勝手気ままな趣味の伝言

R1-Z トップブリッジ、フレームネックカウル交換

2017年02月12日 20時06分15秒 | ヤマハR1-Z
今日は第3弾です。ここでは載せていませんが、その前にクラッチワイヤー交換とETCの取り付けをしています。クラッチワイヤーは半分ぐらいは切れていて重く大変でした。しかし交換したら劇的に軽くスムーズになり大変楽です。念願だったETCで高速もこれからは料金所で止まらずに済みます。今日はR1-Zのトップブリッジ、フレームネックカウル交換をいたします。

ETCが付きました。


人形側にはネジがありません。右は写真の通りネジが入っています。
前に子供がハンドルを外そうと思ってネジを回すと、へ?ボルトが取れた。接着剤が貼ってある??
前オーナーか?廃車証明書に名義があった某大型バイク買取店?このバイクを売ってくれたbike屋?
という事で、今日の作業です。


本日の素材はトップブリッジとフレームネックカウルです。

まずは車体を持ち上げました。


センターにあるステムナットを緩めます。

ハンドルを外し横の六角ボルトを外そうと思ったら大きさが合わない???ハンドルの六角ボルトは外れたが(。´・ω・)?!!
???

子供も合わないのは変と、(。´・ω・)?六角レンチに分数が書いてある?あ、、、インチだ!子供の六角レンチを借りました。(ショック新品なのに!!)
ハーレーを買ったら使おう。  絶対あり得んなぁ~!(^.^)/~~~

というわけでトップブリッジを外します。

外れました。

下が今までついていたトップブリッジ、上が今回買ったトップブリッジです。上は、ねじを入れた状態。


写真の通り左側にネジが折れて動いたような跡があります?そしてドリルでいじった後もある。
息子曰く過去にこけてハンドルが動いた跡があるから前オーナーではないだろうか?との事

ハンドルの穴には接着剤がばっちり。

木ねじを開けるドライバーでグリグリ、

そのあとネジを回しいれるとネジに接薬剤の層がくっついてきました。



中が透けて見えます。


続いてフレームネックカウル。


交換して、今までついていたもの。左は大丈夫ですが、右が割れて穴が開いています。ここも接着剤がついていました。
今は割れて穴になってしまいました。

トップブリッジもネジがちゃんと付きました。
ドンドンR1-Zも復活してきていますが。親からは早く処分しろが出てきています。
やっとちゃんとしてきたので困っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TONEのソケットレンチとKTCの... | トップ | KTC 六角レンチ 今度は㎜ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。