small_happiness
   Farsideの過去ログ。




◆大学生の有里(山本美月)と友人の夏美(佐津川愛美)は、古いビデオをDVDにダビングしようと、リサイクルショップで中古のビデオデッキを手に入れる。そこに入れたままになっていたビデオテープを再生してしまった二人。有里は画面を見ていなかったが、夏美はすべてを見てしまう。直後に夏美の携帯に謎の着信が。それは、大学の講義で聞いた都市伝説、「呪いのビデオテープ」と全く同じだった。不安に思ってリサイクルショップを訪ねた二人は、このビデオにまつわる自殺の連鎖にたどり着く。テープが本物だと確信した二人は、オカルト研究に血道を上げている大学講師の森繁(甲本雅裕)に相談に行く。 同じ頃、「呪いの家」の向かいに引っ越してきた鈴花は、家の持つ力に引き込まれていく。


◆いろいろ考えて書くのをやめていたが、やっぱりこれがいちばん書きやすいので映画の感想。やっぱりホラー、大好きホラー。特に日本のホラーが好き。前々から関心はあったものの、「どうせイロモノでしょ」と観ていなかった、『貞子VS伽椰子』。意外なことに友人の評価が高かったので、レンタルしてみた。サラウンドヘッドフォンで、雰囲気バッチリ怨霊どっぷりで鑑賞。なかなかいいと思うなぁ。いちばん不安に思っていたのが、監督が(ちゃんとした映画未経験の)白石晃士だということ。まぁ、貞子さんと伽椰子さんの権利使用料はそれなりの額になるはずだから、制作サイドも監督に「まかせっきり」じゃなく、それなりのチェック体制はあったのだろう。カメラもいい感じに凝ってるし、低予算が前提のホラーとしては、そこそこお金、かかってる感じである。なかなか良かった。


 主人公の有里を演じた山本美月は、正直、演技力に疑問符ありの天然さんだったのだが、なかなかいい感じである。友人の夏美を演じた佐津川愛美の方がずっとうまいのだが、それはまぁ、仕方のないところ。
 もう一方の、伽椰子と俊雄のいる家で怪異に巻き込まれていく鈴花を演じた玉城ティナは、これはもう、箸にも棒にもかからないというか、極めて悲惨。そのせいか、映画の中で鈴花が占めるパートはとても少なく、被害を最小限に留める構成になっている。どういう経緯で玉城を使ったのか分からないが、この辺は日本のホラー映画業界が抱える宿痾とも言うべき呪いの部分なので、別の意味でホラーテイストを高めている。ちなみに、残念ながら顔が見えない貞子を演じた七海エリーは快活な美人さんである。もうちょっと生きた使い方をして欲しかったなぁ。


 映画中盤から登場する祓い屋コンビ、常盤経蔵(安藤政信)と盲目の少女珠緒(菊地麻衣)は、衣装だの法力だの霊能力だのを強調してみせるありきたりな祓い屋の演出と違って、なかなかいい感じである。特に経蔵を演じた安藤政信、もともとキレた役がバッチリはまる役者だけあって、印の切り方、身のこなし、自信に溢れたその演技はとっても説得力がある。タイトルにもあるとおり、経蔵たちは貞子と伽椰子をぶつけて、魔をもって魔を滅ぼすという策を取るのだが.....。『リング』と『呪怨』を観ていることが前提なので、そうでない方にはお勧めできません。


 エンディングを見る限り、続編を作る気バッチリなようである。次があったら観てみたい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 終わりの始まり   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。