SMALL STEPS

人生の残り時間、再び登山を楽しみます by 冬の人

草戸山・榎窪山(東京都・神奈川県)~2017年4月下旬

2017-04-23 20:44:41 | 登山(ブログ開始後)
ゴールデンウィーク前、5度目のトレーニング。

ストック歩行の訓練として、草戸山・榎窪山を縦走してきました。


またまた晴天を狙っての登山です。

草戸山は高尾山のすぐ南に位置しています。

最寄駅は高尾山口駅で同じ。

ですが、この駅で降りた人の殆どが高尾山へ向かいます。


個人的な登山者数の予想として

高尾山:草戸山=100:1

くらいではないかと思います。



朝の京王線・高尾山口駅。日曜日で晴天。人だらけ。



まずは登山口探しから・・・。お饅頭屋さんを通過して・・・。



この辺りを入っていき、



民家の脇道にある、“らしき道”を進んでいきます。



落ち葉の絨毯のような道を歩いていくと、



緑がより一層濃くなっているのに気が付きます。



標識を見つけて、ひと安心。

ここまで、誰にも会わず。

駅には沢山の人々がいたのですけど。。。



ツツジのトンネルです。



杉と竹のコラボレーション、“スギチクリン”です。



鉄塔の下に登山道が・・・黄色と赤の紐は「くぐらないでね!」の合図。



綺麗な標識。整備されている証拠です。向きが多すぎて複雑。



ピカチュウ見つけ!(^^)/



やっと展望が開けたところ。今月上旬に登った高尾山です。



巣箱・・・野鳥さん、いらっしゃ~い!



手入れが行き届いています。



不得意な階段・・・。歩幅が合わないので呼吸乱れます。

でも、これを登りきると・・・



草戸山(364m)の山頂です。東京都町田市の最高峰だそうです。



おまけ。ストックあり。



GPSマップだと、こんな感じ。



さて、山頂と言えば・・・昼食の準備。



今日は、とん汁と・・・



いつもの、こいつだぁ~。

おにぎりLOVE!



山頂の桜も葉桜状態でした。



ここには展望台があって



八王子市街を見渡すことが出来ます。



ズームしたところ。



奥多摩地域と違い、クマではなく「ヘビ・ハチ注意!!」の看板が。。。



山頂でも、複雑な標識。



写真以上に?急な階段を下りて、「



写真以上に?急な階段を登らされます。



すると、眼下に本沢ダムが見えました。



この手作り感満載の標識通りに行くと



今度は古びた標識があります。

下をよく見ると、



榎窪山(420m)の山頂でした。

眺望はありません。



少し歩くと分岐に出ます。



下山道は、林道になっており車1台分が通ることが出来ます。













景色に癒されながら、下って行きます。



“関東ふれあいの道”って、高水三山でも紹介されていました。



林道終点を振り返ったところ。一般車は進入禁止になっていました。



なんだか素敵な建物がありました。



立派な八重桜でしょうか?



宿泊費、安すぎるんでないの???



それに、周囲の木々がお見事。



鳥の巣でしょうか。発見しました。



なんだか、苔ってキレイ。



素敵な場所にある老人ホーム。

鳥の声、沢のせせらぎ以外の音は聞こえません。



山里の風景に平和を感じます。

と、歩いていると

突然、200年前の山里にタイムスリップ!



え? 私も驚きましたし、うっとりしました。



伝統的和風建築のお屋敷が・・・。



水車もあるし・・・。



実はいくつかの料亭が集中している場所なんです。



ここが最後のお店。



この一言が嬉しい。また来たくなります。

“オ・モ・テ・ナ・シ”ですね。


さて、ここから国道20号へ向かうのですが

これがまたややこしくて、迷っている老夫婦さんがいましたが

GPSマップによると、民家の脇道(登山口と同じか??)を行くのが正解のようです。



よく見ると、標識もありました。



微妙です。気が付かない人もいるのではないかなぁ~。



梅の木橋の文字が見えたら、そこが国道です。



橋のたもとに、可愛らしいお地蔵さま。



地名は梅の木平。



国道を進むと、新しいインターチェンジが見えてきます。



圏央道の高尾山ICです。



確か、自然保護団体が建設反対を訴えていたことを覚えています。

「高尾の山を守れ!」と。



この辺で土地を持っていたら、週末はお小遣いが稼げますね。



道端のタンポポ。



高尾山・若葉まつりが開催されていました。

いつも以上に混雑しているのかも知れません。



高尾599ミュージアム。(599m→高尾山の標高)

高尾山の生態系・歴史・文化・未来などを紹介しています。



今日はお祭りとあって、子どもたちがボルダリングにチャレンジしていました。

あ、ウチの息子? 体重が重すぎて滑落します。。。

ではなくて、今日は妻とスノーボード教室へ行っています。

早く一緒に登山をしたいものです🎵



やっと京王線・高尾山口駅に到着。



実はこの駅には温泉があるのですよ。

山で汗をかいても、ここでサッパリしてから帰ることが出来るのです。



ここから1時間40分ほどかけて帰宅します。。。

<登山行程>

高尾山口駅→四辻→草戸峠→草戸山→榎窪山→梅の木平(梅の木橋)→高尾山口駅

-  ・   -  ・   -  ・   -

ストック歩行、初めてでした。

思いのほか体幹のバランスが取れて転ぶ気がしませんでした。

腕が疲れる、ということもありません。


ゴールデンウィーク本番(北アルプス・槍ヶ岳)では

雪上でストックを使って歩きます。

急傾斜になってきたら、ピッケルを使用し滑落防止に備えます。


今回で4月のトレーニング登山は終了です。

後は万全の体調を整えることと、当日の天候が良くなるように祈ることです。


槍ヶ岳登山は、今回で4回目になります。

過去に春1回(5月)、夏2回(8月、9月)。

-  ・   -  ・   -  ・   -

快晴の日曜日、京王線高尾山口駅は大勢の人で賑わっていました。

そのうち99%は高尾山を目指しそうですが、草戸山へ行く人は・・・。


登山道の入り口はどこでしょうか?で始まり、

下山時の国道への出口はどこでしょうか?で終わりました。

スマホGPSとプリントアウトした地図で何とかなりました。


下山口でご高齢のご夫婦が迷っておられましたが

スマホを見せてご案内(納得させることが?)出来ました。


低い山ですが、アップダウンを20回ほど繰り返すので

歩きごたえがあります。危険を感じる場所はありません。

トレイルランニングに向きそうなコースです。


ここは、高尾山口駅の喧騒が嘘のように

(都会の喧騒が・・ではなく)

とても静かな山旅をさせて頂きました。


よく晴れた1日でしたが、ほぼ樹林帯を歩くので暑かったという印象はなく

涼し気な風が木漏れ日の中を通り抜けて、心地よい歩行を楽しめます。

眺望は限定された場所のみで観ることが出来ます。。


直射日光を浴びている時間は、山中ではほとんどなく

下山時に、国道20号線を歩いている時(25分前後)が最も長いです。

※追記です。コース途中にトイレはございませんでした。


出会った方は、合計50名くらいではないでしょうか。

高尾山ならば、晴れた日曜日ですから数千人?万単位?はいらっしゃるかも。

駅へ戻ると、また喧騒の中。



帰りの電車は座れたし眠れたので良かったぁ(^^)/

「土日祝」に「静かな山旅」ならば、お勧めです。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去の登山・白馬三山~唐松... | トップ | 地図を眺めているだけで・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山(ブログ開始後)」カテゴリの最新記事