ディカプリオお味噌味

主に短編の小説を書く決意(ちょっとずつ)
あと映画の感想とかも書いてみる(たまに)

悲しみの傘⑤

2016-10-14 23:45:52 | 小説
 しかし、裕次郎がそのすべてを失うのも早かった。
 まだ年長のころ、裕次郎の父親の会社は倒産し、多大な借金を背負うことになった。それが原因で母親は蒸発したと聞いている。幼い裕次郎を置いて。広々とした豪邸は差し押さえられ、残された二人はこのアパートに移り住むしかなかった。おそらく当時の裕次郎にとってのすべては失われた。
 激しいショックだったかもしれない。裕福で何の不自由もない暮らしから、一転母親のいない貧しい生活へ。天国から地獄へ。すでに大人であればまだ受け入れられるかもしれない。自分の人生なんて結局こんなものだろう、と。だが、まだ五才のやっと一人でトイレできるようになりましたくらいの男の子にとっては処理しきれない内容だったのではないだろうか。少なくとも裕次郎はそのころから変わった。極端に暗くなる一方、暴れやすくなり、小学校でもクラスメートと喧嘩することが多くなった。
 だが、貧しさは決して、裕次郎の心までを貧しくしたわけではなかった。そういった変化がありながらも、人一倍友達思いだった性格があり、伸久は裕次郎のそういう部分が好きだったし、信頼していた。だからずっと仲良くできた。決してこのアパートには入れたがらなかったが、いま目の前にいる裕次郎の本質はきっと昔のままだと思って伸久は嬉しかった。
 いま改めて振り返って不思議に思うことは、母親が何も言わず裕次郎を置いて出ていってしまったことだ。「ノブちゃん」と呼んでくれた裕次郎の母親は細く長身で笑顔の素敵な美しい女性だった。まだ幼稚園児の鼻たれが明確に記憶しているのだから、よっぽどインパクトがあったのだろう。あの笑顔は裕福さの余裕ゆえにつくられたものだったのかもしれない。思い返してみると、裕次郎の父親と母親はルックス的にみると不釣り合いと考える意見がマジョリティを占めていたのではないだろうか。馴れ初めは知らない。ただ、やはり経済的な部分に重きを置いて結ばれた二人だったのではないか。物欲が強かった母親はそのすべてを失ったと知った途端にその家族への愛情も冷え込んで底に消え、新たな人生を求めて立ち去った。
 勝手で安易な想像だけが伸久の頭の中で渦巻き、目の前にいる友が大きくも、また小さくも見えた。裕次郎は誰もが経験できない、経験することを望まないことを経験してきたのだ。寂しさを、苦労を知っている人間は強い。いま海外という厳しい環境で一人揉まれている伸久には、それがわかるというよりかは、そうであることを信じたい気持ちの方が強かった。
 裕次郎が聞いた。
「やっぱり英語はもうペラペラ?」
「みんなどうしてそれを絶対聞くんだろうな」
「そりゃそうだよ。俺ら凡人には想像できない世界にいるんだ、ノブは」
「俺は誰よりも凡人だよ」
「やっぱペラペラか。すげえな」
「いや、そうでもない。たしかに日常会話には困らなくはなかった。だがあっちのドメスティックの英語とはまだまだ差はあるよ。語学という点に関しては追いつけない部分があるような気がする」
「俺もいってみたいね、そんな横文字。ノブは俺らと同じ暴れ馬だったのに、ここだけは誰よりもよかった」
 裕次郎は指で自分の頭を指した。
「別によかったわけじゃない。それなりに勉強してただけさ」
「それでアメリカの大学に行けるやつが実際どれだけいるのやら」
「ただの少数派だよ、俺は」
「いや、ノブはすごいんだよ。俺の自慢だ。透や亮介も悪い奴らじゃないし楽しい連中だけど、尊敬はできない。ノブみたいな奴は他にはいないよ」
 旧友に褒められるとこそばゆいが決して悪い気はしない。
 裕次郎とは価値観が似ているのかもしれない。ふとそれに気づいた伸久は、今さらながら目の前にいる男のことをもっと知らなければという思いが衝動的に強まり、コーラを一口含んで一歩踏み込む勇気を持った。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しみの傘④ | トップ | 悲しみの傘⑥ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。