たくのわがまま風来記GOO

山の自然山の神秘自然への溶込みが爽快だ。

縦走が楽しい「奥植松山」

2017年06月15日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市、天気予報 ☆山名検索 天気動画

29.06.15 木曜日  

 

本日の登山は、「植松山」にした。

そして少し荒尾山方面へ足を延ばした。

そこは素晴らしい稜線に感動した。何回も歩いているが今日も

晴天の中の歩きは特別だ。     

90分後、尾根筋の最初の展望地から日名倉山がばっちり見える。

雲一つない良い天気

 

約30分後 下草と岩が立ち並んでいる 山上庭園 に着く杉林ばかりの

登山道がここで自然っぽくなった。

 

10分後 植松山1191m 山頂に着いた。  すぐさま展望がある場所に移動。

 

いい展望だ。

 

 風が気持ちがいい。。 日差しも気持ちがいい。。小鳥がさえずっている。

偶然にカメラに収めることができた。  小鳥の名はわからない。

 

 終盤の、サラサドウダンツツジも鮮やかに咲いていた。

自然を観察しながら、ゆっくりと食事した。

山登りも、慌てず急がず小股で自然を見ながら、登るのが好きだ。

 

約1時間 休息し、荒尾山方面への縦走、今日は荒尾山にはいかない。

展望がある 「奥植松山」1160ピークまでとした。

 

向こうの1171ピークは、この縦走では植松山に次ぐ2番目に高い、 しかし、

展望がない。

 

ここから見る風景は見事だ。

 

少し鞍部となっているところは、池になっている。雨が降れば深くなる。溜池だ。

絵になるいい所だ。  周りにはカマツカの花が咲いている。

池には、トノサマガエル がたくさんいた。

 

そして、1160ピークに着き  展望を楽しんだ。  ここは「奥植松山」だ。

 

30分ほど展望を楽しみ、下山へ。   逆コースも又景色がきれいだ。

見えているのは先ほどの植松山の伐採地。

 

下山の看板がある「谷コース」へと下山した。

谷コースは、中ほどまで荒々しいが自然に下ってゆける。小川を4回ほど渡りながら

きれいな水に感動もする。

そして、「奥植松山」から 2時間10分 下山成功。

 

今日も気持ちのいい 登山ライフだった。

地図参照

 

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正規ルートの 「藤無山」 | トップ | 山整備 「植松山」ルート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL