たくのわがまま風来記GOO

山の自然山の神秘自然への溶込みが爽快だ。

一山 高野峠と下山新ルート

2017年05月16日 | 登山・ハイキング

 

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市、天気予報 ☆山名検索 天気動画

 

   29.05.16 火曜日  

 

 

「一山」(ひとつやま)もいい山で、今回高野峠を登山口として、

下りを少し新ルートを歩いてみた。

新緑の気持ちのいい日を迎えた。  相変わらず金網の左手を登っていく。

まだ白い花を付けていない、ネジキももうすぐその特長がある

花並びを見せてくれるだろう。

 

 その前に、いっぱい山に咲かせている、コバノガマズミが楽しませてくれる。

 

 植林の中をしばらく登り詰めると、すぐ下方に広く伐採された広場がある。

その手前ピークから見る「一山も」丸い形をしている。

 

 伐採広場を通り越し、アセビ林を細かく方向を変え乍ら、この素晴らしいコナラ林を

満喫する。この場所はいつ来ても癒される。

 

 そして横に延びる尾根筋に乗り左手に方位を変え、一気に山頂に向かう。

その手前には久しぶりに出会うピンクのアセビがあった。思わず記録した。

 

山頂は、

どんよりとした雲が掛かっているが、雨模様にはならない。

広い展望があり、良い気分になりながら食事をとった。

 

 1時間ほどゆっくりして、下山、

少し戻り、これと言ったポイントはないところから、右へコース取りをする。

まもなく伐採地点になると金網も新しい感じでしっかり張りつめられている、

これ沿いに下山するも早作業道乗りも面白くないので、壊れていた金網を超え、

尾根を下って行った。

 

 再び過去の伐採地点があり振り返って見ると、遠くから見るこの一山の姿がばっちり現れた。

「ここをいつも見ていたのか!」納得した。

 

 若干藪漕ぎの箇所もあったが問題なく作業道につなげた。

 

その後は作業道を下だり最後には国道429号線と出会い

左手方向の河野峠に向かった。

 

 本日の地図

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「深山」とシャクナゲ | トップ | 大甲山整備  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL