たくのわがまま風来記GOO

山の自然山の神秘自然への溶込みが爽快だ。

コウヤミズキが咲く「秋葉山」

2017年03月20日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市、天気予報 ☆山名検索 天気動画

 29.03.20 月曜祝日  

コウヤミズキが咲く時期なので「秋葉山」に登ってみた。

蕾でまだ咲きそうになかった。   登山口近くまで来た。

登山口は相生学院の裏手からとりつく。

過去、土万小学校だったが合併による廃校後、

相生学院高等学校宍粟校とやらになっている。

どんな学校なのか・・こだわってみた。このyoutubeは最後まで見てしまった。

https://www.youtube.com/watch?v=c4DQA3yQhKQ&feature=youtube

さてここは宍粟50名山の別山として29年度に整備が始まるが

既に今回で4.5回は登っている。コースは模索しながらだ。

荒れた登山口から今日はとりつく。 この上は忠魂碑があり、横から登り始める。

 

 すぐに尾根筋に取りつくと、東屋があった。この尾根筋を右に登る。

 

しばらくすると過去の植林作業道がやたらたくさんあるようだ、

ルートは看板があり、従うと池があった、そして池の左を巻きながら

また尾根筋へ渡り、

 

過去によく歩かれた1m幅の遊歩道に乗った。 雑木が生え狭くなってくるころ

檜に白ペンキが吹き付けてあり、ずーっとこれを目当てにすると

山頂もすぐだ。

横に延びた尾根に出会うと看板があり、ここは右への山頂へと

すぐにたどり着いた。

標高は449mあり3等三角点が埋まっている。そして火の神の神社がまつられている。

毎年神社構えにお正月の飾りが新しくなっている。地元の人が参っている。

 

1時間20分で到着。  とりあえず手を合わした。

ここで食事をするも結構風が通り抜ける場所の様 太陽は照っているが寒い。

一枚羽織りながら早めに腰を上げた。  そして下山。

ここからすこし来た道を戻り尾根筋を奥へ進む。道は遊歩道のように

綺麗だ。

そして右にまがるようにして、谷筋に降りていく。

地図上の破線は、隣村に通じる杣道のようだ。ここを利用して下山した。

ところが倒木や崩れなどでかなり道は荒れ果てていた。

そして看板案内がある分岐に出会い、このまま県道へ降りていった。

 

途中、コウヤミズキを探すも、今からという程度のつぼみで

まだまだ満開は先の様だった。

県道からは約1Kmほど歩いて駐車場につく。

 

地図

~end~

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残雪の「水剣山」 | トップ | 高御位山(北池から) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL