たくのわがまま風来記GOO

山の自然山の神秘自然への溶込みが爽快だ。

自然学校登山ガイド

2017年05月18日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市、天気予報 ☆山名検索 天気動画

    29.05.18 木曜日  

 

毎年の自然学校の登山ガイドがあり本年担当した。

5年生として4泊5日でマイホームから離れ外泊し、いろんな体験をする、課外授業

最後の登山会はいい天気、と言うより温かい日和となった。

前日までは思わぬ寒い日々が続いた模様。

 山頂にある展望台からは、360°の眺望。

氷ノ山にはまだわずかに残雪が見える。(^◇^)

 

面白い替え歌や、下ネタ歌も聞かせてもらい、 

私たちガイドも小学生に戻り遠足の楽しみを味わった。

 

帰りは彼らの走るのを止め乍ら、みんな笑顔で終わった。

 ~end~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大甲山整備 

2017年05月17日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市、天気予報 ☆山名検索 天気動画

   29.05.17 水曜日  

「お滝さん」、なだらかな滝、急な滝とバラエティーに富んだ滝が上部まである。

このコースから行者堂を回り込む右回りコースで整備を行った。

 

広い作業道(今は車も通っている)が開かれた、この行者堂までを登っていきます。

昨年ぐらいに整備された感じのいい行者堂だ。 毎年地元行事の一つとなっている。

 

ここからの登山斜面はコナラに覆われ、春には新緑で癒されるコースとなっている。

 

ところが先日の「一山」にしろ、杉の木などにショッキングピンクで

マークがされ始めた。右には、山名までが・・

  

 

さて足元には、久しぶりのリスの食事跡

の松ぼっくりが・・ なかなか上手に食べるものだ。

 

 

大きな整備もなく山頂に到着した。

ちょっと目当ての「ベニドウダンツツジ」が咲いているか、すぐに目をやった。

 

咲いていた、ここのベニドウダンは、小粒で真っ赤な花をいっぱいつけている。

毎年楽しみにしている。

 

整備の正規ルートは往復だが、今日は右回りとした。

綺麗な尾根周りを利用する、そして今盛りの「ヤマツツジ」を見かけた。

優しいつつじ。 いっぱいさいていた。

 楽しみながらの、大甲山整備は無事終了した。  地図参照

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一山 高野峠と下山新ルート

2017年05月16日 | 登山・ハイキング

 

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市、天気予報 ☆山名検索 天気動画

 

   29.05.16 火曜日  

 

 

「一山」(ひとつやま)もいい山で、今回高野峠を登山口として、

下りを少し新ルートを歩いてみた。

新緑の気持ちのいい日を迎えた。  相変わらず金網の左手を登っていく。

まだ白い花を付けていない、ネジキももうすぐその特長がある

花並びを見せてくれるだろう。

 

 その前に、いっぱい山に咲かせている、コバノガマズミが楽しませてくれる。

 

 植林の中をしばらく登り詰めると、すぐ下方に広く伐採された広場がある。

その手前ピークから見る「一山も」丸い形をしている。

 

 伐採広場を通り越し、アセビ林を細かく方向を変え乍ら、この素晴らしいコナラ林を

満喫する。この場所はいつ来ても癒される。

 

 そして横に延びる尾根筋に乗り左手に方位を変え、一気に山頂に向かう。

その手前には久しぶりに出会うピンクのアセビがあった。思わず記録した。

 

山頂は、

どんよりとした雲が掛かっているが、雨模様にはならない。

広い展望があり、良い気分になりながら食事をとった。

 

 1時間ほどゆっくりして、下山、

少し戻り、これと言ったポイントはないところから、右へコース取りをする。

まもなく伐採地点になると金網も新しい感じでしっかり張りつめられている、

これ沿いに下山するも早作業道乗りも面白くないので、壊れていた金網を超え、

尾根を下って行った。

 

 再び過去の伐採地点があり振り返って見ると、遠くから見るこの一山の姿がばっちり現れた。

「ここをいつも見ていたのか!」納得した。

 

 若干藪漕ぎの箇所もあったが問題なく作業道につなげた。

 

その後は作業道を下だり最後には国道429号線と出会い

左手方向の河野峠に向かった。

 

 本日の地図

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「深山」とシャクナゲ

2017年05月05日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市、天気予報 ☆山名検索 天気動画

   29.05.05 金曜日  

 

宍粟市の連休時期の山には「シャクナゲ」が咲く時期なので、

今日は「深山」に登ってみた。 5/1には母栖山でも出会っている。

 さて、曇がちの天気だったがスキッと遠くが望めた。

29号線を北上し、波賀町斉木地区から林道に入る。

そして3.5Km先の登山口に到着した。

 シダが多い登山口も広く、シダの新芽もすくすく成長している。6月には這い揃うだろう。

 ここから急斜面を登ってゆく少しの我慢坂だ。高度を上げるとともに、背後には

みごとな展望が望めてくる。このコースの一つの魅力だ。

宍粟市の山々がたくさん見えてくる。  日名倉、後山、阿舎利、藤無、一山。。。

一気に登ったので息も荒くなっている。汗もかいている。気温は20度もある。

まずは一休みだ。

ここからは少しなるい斜面を山頂目指して登る。

足元にも少し変わったキランソウや、木肌が緑の「ウリハダカエデ」が

今花を咲かせている。このウリハダカエデは登山道に群生しているようだ。

1時間20分後、山頂に着いた。  ここで昼食をした。      11:30

登山口に止めてあった車でのメンバーはもう南深山に行っているのだろう。

昼食が済むころ、賑やかな女の声がしていた。 

さて、我々と言っても久しぶりの夫婦登山。天気がびっくりしているだろう。

コースは次の「南深山」に腰をあげた。  実は今回、シャクナゲを見るため

この山を選んだ。

少しではあるが、自然のシャクナゲは(植物は)たとえ少しでも、魅力があり

感動する。人によって育てられたシャクナゲは(植物は)私にとっては魅力がない。

裏年でもあるが、素晴らしい色を出している。  また来年が楽しみだ。

そして、「南深山」到着。  風情があるピークだ。 三角点はない。

ここからの景色も、北方向の雪をかぶった「氷ノ山」が見える。

雪解けは、いつ頃だろう。

 

下山は往復路を利用する。

気持ちがいい登山だった。  これからの山登りに希望が湧く。

帰路は温泉で体をいやした。

~end~

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後山 (山開きに参加)

2017年05月03日 | 登山・ハイキング

宍粟市天気予報 養父市天気予報 西粟倉天気予報 朝来市、天気予報 ☆山名検索 天気動画

   29.05.03 水曜日 薄

 

後山の「山開き」に参加した。

15人の参加者でにぎやかな山開き登山になった。

普段利用が難しいコースなのでなかなか新鮮なもの。

宍粟市からも毎年挨拶があるよう。 

 最初は、「松の木公園」での西大峰への修行礼

 

 その後は、山の不動明への修行礼

 

終われば、登山開始。  登山は特に 普通。

 

次には、神変大菩薩へのお礼。  ここは行者達の休息地。

 

そして登山口場所でのお礼  これから無事に登るためのお礼。

 

行場コースのルートは、危険な個所もあり、事前の心構えも必要と思われる。

厳しいルートだ。

登山道は岩場が多くなかなか疲れる。  一休み。。。(~_~;)

 

行者コースへの参加者は、3分2の人たちが参加、かなりきついのに(^^♪

私たちも、行者コースだ、 今回は修行の厳しさを体験したい。

 

最初の難所、かなり足元が不安定、転げ落ちないようにしっかりと

つかまりながら登り詰める。

 

垂直の岩場を、ロープ頼りに登る。

 

次々と岩場か現れ、腰や足が痛い、  と思う人もあるかも。。(^^♪

ここを登り詰めると、修行のスリルポイント。

右の岩場を登り詰め、高野山のような身の乗り出しが出きる個所らしい

「大のぞき」という。

 

 

 山頂に到着。 無事の祈願と 山の神の開眼祭。

 

ここで食事をし、雑談になる。  仲間同士の会話も弾む。(^^♪

12:30  下山開始   コースは「おごしき山」ルートだ。

 

時期に 紅葉の花も発見。 真っ赤な可憐な小さな花、 皆さん感動!(^^)!

 

楽しく、全員無事に下山した。  お礼の行事、で終了した。

 

 今回のルート地図

コメント
この記事をはてなブックマークに追加