ヒガコの「映像芸術」

「映像芸術」講座用のブログ

見事!正解!

2017-04-21 03:39:13 | 質問
OGCさん
見事!正解!です

OGCさんの回答

Unknown (OGC)2017-04-07 14:37:52映画は汽車から始まった事と物語の始まりをかけている。

映画の中にも出てきましたが
映画は1895年
リュミエール兄弟によって始まります
そしてその映像の一つが「列車の到着」
以来列車は映画の必須アイテム
この『ヒューゴの不思議な発明』のなかにも
こうした歴史的映画作品のシーン
またそれをにおわすシーンが出てきます
これに関してもQ&Aしますので
お楽しみに!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1回オリエンテーションに... | トップ | スゴっ! »

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あいのすけ)
2017-04-21 14:58:33
雪が降っていた理由、わかりません。
なぜ雪を降らせたのか (タンスの角に指ぶつけた)
2017-04-21 15:00:18
雪を降らせたのは、ヒューゴが高いところに登るシーンで、足元の雪をヒューゴが踏むことで、高いところから雪が落ちる映像を見せることで、見てる人に高いところにいる臨場感を与えるためだと思った。
Unknown (D・W)
2017-04-21 15:01:07
雪は水が凍ったもの 登場人物の凍った心が動き出すという予兆だったのでは?
Unknown (Piccy)
2017-04-21 15:01:55
雪は冬にふるものなので、季節感をだすためであり、クリスマスを助長させている
Unknown (IY06)
2017-04-21 15:01:59
雪の寒いイメージで寂しさを表現した
Unknown (yu42)
2017-04-21 15:01:59
雪が降っていたのは季節の暗示とともにこれから降りかかってくる災難も表しているのだと思う。
雪が降ってた理由 (午後ティー)
2017-04-21 15:03:57
雪が降ることにより主人公の孤独さを強調させていた
Unknown (R.S)
2017-04-21 15:04:01
単純な回答ですが雪を降らせたのは季節感を出すため
Unknown (D&L)
2017-04-21 15:04:53
雪によって季節感とか孤独さとかをだすため。
Unknown (じんだょ)
2017-04-21 15:05:59
最初の作品列車の話が物語の冒頭にかかっていたので、最後の雪のシーンは最後の作品にかかっているのではないかと思う
Unknown (zen)
2017-04-21 15:07:15
雪を降らせた理由=3D映画としての強調だと考える
Unknown (社長)
2017-04-21 15:07:31
雪を降らせてた理由:季節を表している
Unknown (M)
2017-04-21 15:07:33
寂しさやつらさを表現するため。
Unknown (ワカマックス)
2017-04-21 15:07:55
雪は、この世の中の冷たさ、ヒューゴの悲しみを表現しているのかなと思った。
先生がジョルジュの作品と関係があるって言っていたことから考えると最初の作品を冬に作ったからとかそうゆうことなのかなって思った。
Unknown (yudai00)
2017-04-21 15:08:26
たぶんですが、スノードームがでてきた気がします。。
Unknown (ハル)
2017-04-21 15:09:28
季節感や寂しさ、辛さを表すためだと思う。
Unknown (きむち鍋)
2017-04-21 15:13:03
ヒューゴが時計にしがみついて雪が時計に降り積もっていて、高層階から滑り落ちるかもしれないという緊迫感を表している。
Unknown (ヨーグルト)
2017-04-21 15:14:33
季節を表しているのではないかと思いました。
なぜ雪を降らせたのか (海鮮丼)
2017-04-21 15:16:09
雪を振らせることによりヒューゴを危ない状態にさせて緊張感を出すため。
Unknown (コージーコーナー)
2017-04-21 15:23:31
雪は寒い、虚しいイメージがあるのでヒューゴの気持ちとマッチしていたからだと思います。
Unknown (gt)
2017-04-21 18:26:34
ヒューゴの心情、季節感、その時代の雰囲気を表しているのだと思いました。
なぜ雪を降らせたのか (kimuta)
2017-04-21 18:29:22
はっきり「これだ」というのはありませんが、パリに舞い散る雪や、何よりメリエスの部屋で棚から過去の作品が散乱した(舞い上がった?)シーンは、3Dで見れば映画の魅力がより一層引き立ちそうだなと思いました。
最終的にヒューゴのお父さんが残したメッセージというものが結局なんだったのか、というのははっきりとは表現されておらず、疑問は残りましたが、どことなく強い感動を感じたのはスコッセシ監督の巧みな表現方法あってのものだったと感じます。
訂正 (kimuta)
2017-04-21 18:33:34
↑の訂正
×スコッセシ監督
◯スコセッシ監督
Unknown (MONO)
2017-04-21 19:18:31
雪という事は季節が冬であり、これは主人公にとっての辛い試練を象徴している。
最後がハッピーエンドだったので、これを季節に例えるなら春である。
なので、辛い冬を乗り越えた先には必ず春が来るという事を伝えるためではないでしょうか。
Unknown (ume)
2017-04-21 20:19:24
雪を降らせたのは切なさを強調するためだと思います。
Unknown (少年)
2017-04-21 20:46:53
雪は季節??
Unknown (mori yuki)
2017-04-22 11:45:18
雪を降らすことによって悲しさや孤独感を出していたんだと思います。
Unknown (mori yuki)
2017-04-26 11:13:06
3D映画として見てみると雪のシーンや昔の作品がばらまかれたとかなどとても映画に入り込めるシーンだったと思います
Unknown (F)
2017-04-27 16:56:07
足元が滑りそうという危機感、臨場感を与えるとともに、その後の主人公が家族を持つことによる温かみを際立たせるため
Unknown (k・t)
2017-04-28 00:36:27
雪は季節を表現すると同時に、孤独や寂しさを表現していた
Unknown (pinus)
2017-04-28 13:23:26
寂しさや孤独、人々の冷たさなどを表現するため

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。