スリムカット9の効果を語る

本コーナーへの記事投稿、ご質問、スリムカット9の購入ご希望の方はslim-cut@hotmail.com ミーまで

スリムカット9・急激なダイエットは危険

2016-10-18 | Weblog
先週のNHKガッテンを見てとても参考になりましたので簡単にまとめました。

ダイエットをすると体重が下がることばかりに頭が行き、
嬉しくなりどんどん下げる。
これが良くないそうです。
なぜなら急激なダイエットは必ず急激なリバウンドを伴うからです。
リバウンドのあとまた急激なダイエット、そしてまたリバウンドの繰り返し

ではなぜ急激なダイエットやリバウンドがダメなのでしょうか?
それは肝臓という内蔵に大きな負担をかけてしまうからだそうです。
肝臓にはいろいろな働き(200種類以上の働きがある優れた臓器)があり、
血液中の脂肪や糖分を吸収し貯めてくれる働きもあります。
ここで急激に食べないなどのダイエット(月ー10Kなどの)をすると、
体の本能でいやでも肝臓が生きるために脂肪を血液から吸収し貯めようとするそうです。
なぜなら脂肪や糖分は脳がエネルギーとして絶対必要とする栄養分だからです。
寝ている間は糖分を、起きている間は脂肪分を燃やし脳は働きます。
この働きを防ぐことはできません。
そして急激な体重のみを下げるダイエットには必ず急激なリバウンドを伴います。
急激なリバウンドが始まると余分な脂肪を肝臓がまた血液中から貯めていきますが、
ダイエット前に溜め込んだ脂肪でいっぱいだった肝臓に新たに脂肪を取り込むため、
肝臓がパンパンになるそうです。
これを脂肪肝といい、やがて肝硬変、しいては肝臓がんへ進行するそうです。
(肝臓の機能を図る目安としてAOL?で40以上は要注意)
さらに肝臓は脂肪でいっぱいのため余分な糖分を血液から吸収できなくなり、
血液はドロドロの高血糖~糖尿病へと並行して進みます。
この傾向は太っている人だけではなく、痩せている人にも体内で起きている可能性が高いそうです。
特に拒食症の人などがそうです。

ではどうしたらよいのか?
急激な体重を下げるだけの無理なダイエットは避け、
食事回数を減らす方法や、偏り過ぎる食事メニュー、少なすぎる食事も絶対避けてください。
飲酒も肝臓にはよくありません。
食事量はやや減らす程度がベストだそうです。
そして十分な睡眠をとることで交感神経が休まり内臓が正常化していきます。
30分程度のウォーキングも良いそうです。
もちろん寝る前の食事間食は何でもX

スリムカット9でいつも言っていることとほぼ重なっている気がします。
体重のみを下げるダイエットはリバウンドの原因となり、
繰り返しを余儀なくされます。
ではダイエットはしないほうがいいのでしょうか?
いいえ健康のためダイエットはしなければなりませんが、
その方法を間違えないことが大切です。
ダイエットで大切なことは体重を急激に下げることではなく、
体重が増える原因となる食生活習慣を改善することなのです。
それをスリムカット服用中の食欲のない時期に楽に行う。
楽に行うという点がポイントで、苦になると人間長続きしません。
習慣や継続はあなどれない力です。
原因を正さなければリバウンドは避けられません。
3食いつ何をどう食べるかがとても重要で、食べないことはマイナスです。
何かしか食べないようなダイエット法も体重以外の面(肝臓への影響など)から見れば、
避けるべきです。
ダイエットも何事も無理は禁物、焦りは禁物なのです。
過ぎたるは及ばざるがごとしです。
ある程度長めのスパンで食生活改善をスリムカット9とともに見直しされてください。
もちろん睡眠時間など正しい生活習慣も並行すべきです。
よく寝ることはとても大切で、それだけで肝機能は向上し、便秘も改善します。

ただ、ここで意志の力だけで頑張ろうとすると途中でくじけてしまいます。
現代社会は時間がなく、誘惑だらけですから・・
スリムカットの存在意義はそこにあります。
そして体重計はなるべく見ずに食事メニューを考えることほうが大切です。
体重が下がれば嬉しくなり食生活習慣改善を怠ってしまうからです。
体重は嫌でも後で付いてきます。
一気に下げるのではなく徐々に下げる、そしてリバウンドしにくい体にすることが真のダイエットの成功だと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スリムカット9・ダイエット... | トップ | スペシャル2の効果について... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む