スリムカット9の効果を語る

本コーナーへの記事投稿、ご質問、スリムカット9の購入ご希望の方はslim-cut@hotmail.com ミーまで

1/3 正月太り

2017-01-03 | Weblog
こんにちわ!
記事をご紹介します。


正月太りにも! ダイエットのカギは「食べる時間」にあった

ダイエットと「食べる時間」の関係性とは…
ダイエットと言えば、真っ先に「食事を減らす」「食事を取らない」ことをイメージする人がほとんどでしょう。
カロリーや脂肪分などを気にして「○○は食べない」などと、私たちの目は食事の回数やメニューに行きがちです。

一方で、「いつ食べるか」を考えている人はあまり多くないかもしれません。
しかし、最近の研究では「食べる時間」と「太ること」との関係が明らかになっているようです。

高カロリーのメニューはランチで睡眠や覚醒のリズムに「体内時計」が関係していることはいまや周知ですが、
最近の研究では体内時計を司る「時計遺伝子」が食欲の調節障害や内臓脂肪の蓄積、高血圧、糖尿病などと関係することがわかっているといいます。

「夜遅く食べると太りやすい」と言われていることもその一つで、同じカロリーのものを食べても体脂肪になりやすい時間帯や食品の組み合わせがあります。
たとえば、200キロカロリーのスイーツを食べる場合、午後3時までにしたほうがよいそうです。

これは、脂肪合成を促す働きのある遺伝子が最も減るのが午後2時から同4時にかけて、最も増えるのが午後10時から午前2時ごろであることから。
「高脂肪の800キロカロリー以上の洋食メニューやご飯をしっかり食べたければランチにしましょう。夕食は遅くならないようにして、ランチより軽くするのがポイントです」と話します。

朝食を食べて体内時計をリセット
夜に食べ過ぎて朝食を抜くことは「厳禁」。
体内時計が24時間でリセットされるには、朝食を食べることが必須だからです。
朝食は炭水化物と魚、肉、豆腐などのたんぱく質をセットで食べることでリセット効果がより高まるとのこと。

「毎日リズム良く、体内時計を狂わせない食生活で、太りにくい体質を手に入れましょう」とアドバイスしています。



とかく「何を」に目が行きがちですが、「いつ」も大事なんですね。
時間のメリハリもそうです。
ダラダラ何かを食べないことです。
食べるときは食べる、食べない時間も作らなければなりません。
さらに「どう」食べるかも付け加えたいと思います。
調理法もそうですが、肝心なのはゆっくり良く噛んで楽しんで食べることです。
最悪なのは何も食べないので、ダイエットとは言えません。
修行僧じゃないんだからそんな無理はしないでください。
長続きは絶対しませんし、100%リバウンドします。
大切なことはいつ・何を・どう食べるかです。
生きていくということは食べ続けるということで、
よく考えて流れのままに食べないことです。
真のダイエットとは体重を減らすことでなく、食生活習慣を改善することなんです。
なぜならそこに太る原因があるのですから。
体重なんて後で嫌でもついてきます。

規則正しい生活は正しい食生活習慣にもつながります。
早寝早起きする人に肥満は少ないのはそのせいでしょう。
睡眠時間を十分とるだけで便秘は解消される人も多くいます。
正月は動かないでごちそうを食べる一年で一番太りやすい時期です。
この時期だからこそ早めのダイエットスタート(食生活習慣改善)が大切です。
早ければ早いほど修正が楽です。
スリムカット9は必ずや皆様のお役に立てると思っています。
食生活習慣改善は意志の力だけでは食欲抑制は困難だからです。
新年早めの決断で今年をいい年にしましょう!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1/1 新年明けましておめでと... | トップ | 1/7 尿酸 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事