Sliding Cafeマスターのブログ

トロンボーンを中心とした音楽ユニット「スライディング・カフェ」マスター岩崎浩のコラム

体験レッスン

2017年08月13日 | レッスン
先日、奏法の悩みを抱えているという大学生の体験レッスンを行いました。以前は出ていた高音が全く出なくなったというので、実際に音を出してもらい観察してみたところ、アンブシュアの問題であることはすぐに分かり、正しいアンブシュアの作り方などを本人に伝え、体験レッスンの短い時間内でも少し改善の方向に向かい始めました。最低でも半年くらい定期レッスンを受講して、素直に僕の奏法改善基礎練メニューをこなして行けば正しい奏法が身につくはずなのですが、とりあえず他の先生の体験レッスンも受けてみたいということで、残念ながら体験レッスンのみで終了。

まぁ、今までもいろいろな先生の体験レッスンを受けまくるという人は少なからず居り、そういう人というのは病院でいうセカンドオピニオン的発想で、可能な限り数多くの体験レッスンを受けて比較したい、ということなんだと思いますが、そのようなスタンスで僕の体験レッスンを受けた人で、その後定期レッスン受講に至った人は今まで1人もいません。このことは決して自慢できる話ではないのかもしれませんが、某音楽教室のように営利目的だけでレッスンを行っている訳ではないので、なんとしても入会させようというような働きかけは一切行いません。

これが、もしどこかの楽器店や音楽教室に雇われている講師なら新規生徒獲得も重要な業務になるでしょうから、あの手この手を使ってなんとしても入会してもらうような努力をするのでしょうが、僕の場合、個人でやっているので、自分のプライドを曲げてまでも新規生徒を取りたいとは思いません。体験レッスン時に「実はこの後、他の先生の体験レッスンも受ける予定なんです」と聞いた瞬間、一気に僕のやる気が失せて気分も悪くなりますが、まぁご本人の考えだから致し方ない。

僕のレッスンにおける考え方としては、新規生徒をどんどん増やすことよりも、何年もの長期に渡ってレッスンを受講してくれている生徒さんをじっくり丁寧に指導して行くことを大切にしたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月の奈良レッスン | トップ | 新プロジェクト6曲目アレンジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。