271828の滑り台Log

271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪

究極の再利用@安中(ラックレール)

2017-07-04 19:40:18 | Weblog
安中市の最大の観光資源とは何だろうと考えると、それは碓氷峠鉄道施設(鉄道文化村、碓氷線廃線跡のアプトの道、通称めがね橋など)であろうと私には思えます。週末で天候が良ければめがね橋そばの駐車場には観光バスが駐車しているのが見られます。横川⇔軽井沢間の急勾配を上り下ろするアプト式を象徴するのが「ラックレール」です。


アプト式が廃止されTから半世紀、このラックレールは旧丸山変電所内部に数本が保管されていますが内部が公開されるのは10月末頃です。ラックレールが見られるのは横川駅を出て旧荻野屋本店そばにある側溝のふたがそれです。ほかには西松井田駅近くの「製糸踏切」にあります。

左側の画像がこれです。

ネット上ではラック一山一万円だそうで、ざっと数えても300万円はするみたい。鉄道マニアに盗まれない究極の再利用のように思えます。
前から気になっていたラックレールらしきものがありました。めがね橋の国道側にあります。

先輩に教えてもらったところ、やはりラックレールの再利用で、横川発電所で発電した6600V、25Hzの三相交流を軽井沢の矢ケ崎変電所に送る動力線のステーだったのです。変電所ではこれを整流して650Vの直流としED42を動かしていたようです。
アプト式はもう歴史の彼方に消えたと思っていましたが、どっこいまだ日本国内で運転されている区間がありました。それが大井川鉄道井川線です。


一度行ってみたいなぁ!

  ↓ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「やすらぎの郷」と「くつろ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。