271828の滑り台Log

271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪

大きな古い計算尺

2007-03-31 15:41:16 | 数学
源氏名が271828である私の大切なお宝が写真の教師用計算尺(sliderule)です。固定尺の長さは1212mm、幅は242mm、厚さ13mmの木の板で出来ています。カーソルはすかすかでカーソル線は赤い針金です。もちろんトップブランドのヘンミ製で裏を見ると三角関数の計算も可能です。少なくとも50年前の製品です。

これを手に入れたのは地元の某高校が移転するに伴って沢山の不用品が廃棄され、その中にこれが混じっていたのです。担当者の許可を得て頂きました。
計算尺が技術教育の現場から引退して久しいのですが、指数・対数を直感的に理解するには計算尺が一番です。掛け算が足し算で、割り算が引き算で出来てしまうなんて魔法のようですね。しかし、計算尺を現場で使った世代もその原理を理解して使った人は少ないようです。

わが町にも「開運!何でも鑑定団」がやってくるようですが、この計算尺で応募したかったです。確か、手回し式のタイガー計算機も高い評価だったと記憶しています。


  ↓ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊勢崎の滑り台 | トップ | 風車(ボツネタその3) »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
資格試験もなくなったし (デハボ1000)
2007-04-01 07:53:14
こういう汎用的?なのはいいのですが・・・
(1)小学校の時、計算尺をもってこいと言うので、父親に頼み込んで貸してもらった。のが懸垂曲線なぞを計算する特殊なヤツ(プラント設計用らしい)。先生、こまってしまって、今度は別のを持ってきてねという始末。しかたがないので次に持って言ったのが
(2)丸い計算尺、自動的に桁が上がるから便利・・なのだがまた先生「へんなのもってきたね・・・と困った顔。分からないらしい(ヘンミ製でした)
(3)会社に入っって設計していたころ、ばねを作るのに、普通なら計算式を触ると思っていたところを私は、事務所にあった「ばね用特殊計算尺」で設計して購買部門に提出したのだが、「計算尺でばねを設計できるのか」と逆に顰蹙。見せてもダメ。当方もあきれ果てていたところ、古参の技師がやってきて「おまえ、それつかえるのか」・・・・懐かしい話でした。
汎用計算尺ほしい!! (SUBAL)
2007-04-01 10:13:20
中学の技術の時間にか高校の数学の時間かにちょっとだけ教わりました。
プログラミングを始めて面白くてしかたが無かったころ、「バーチャルノギス」を作って、次は「計算尺」と思いやり始めましたが、現物が無く断念しました。
今回ネットで検索したら、こんなページを見つけました。
http://www.tok2.com/home/kim/
4500円で復刻版が買えたのですね。残念。でも上記サイトの記事を読むと、特殊計算尺を生産しているヘンミでも、技術技能の伝承が途絶えると復刻には問題があったようです。面白いというか、考えさせられます。
「手回し式のタイガー計算機」も懐かしいです。親父が経理屋でしたから、必需品でした。子供のころ何回か遊ばせてもらいました。ぐるんぐるんまわしていました。
いつも計算尺を使うおとうさん (271828)
2007-04-02 09:51:16
デハボ1000さん こんにちは

うちのおとうさんはせっけいのおしごとをしているので、いつもけいさんじゃくをつかっています。がっこうのせんせいがけいさんじゃくをかしてほしいというのでもっていきました。でもへんなけいさんじゃくだったのでせんせいもつかえませんでした。

デハボ1000さんのお父さんってきっとお茶目な方だったのですね。
計算尺の存在意義 (271828)
2007-04-02 10:00:28
SUBALさん こんにちは

コメントありがとうございます。私は教師用を含めて3本持っていますが、もし必要ならば知り合いに声をかけて探してみます。きっと誰かの机の奥のほうで眠っているはずです。

やはり指数・対数の世界をビジュアルに見せるには計算尺が一番ですね。

タイガー計算機は残念ながら触ったことがありません。計算機の遊具も考えたいです。
へぇ~! (とん)
2007-04-03 12:52:02
これが「計算尺」ってものですかー。
こんなりっぱなものが「不用品」になっちゃうなんて~。これを使う知恵を今の子どもたちにぜひとも教えて欲しいものです~。
過去の遺物ですが (271828)
2007-04-03 13:32:40
とんさん こんにちは

とんさんのようなお若い方は見たことも聞いたこともない代物です。私たちのような団塊世代は中学の技術家庭で計算尺の使い方を教わり、普通高校では数Ⅰで計算の原理を習いました。しかし電卓の普及でその役割を終えました。

私が持っているのは教師用なのでデカイのです。他に22cm(No.2640)と30cm(No.2664S)を持っています。教師用は生産量が少ないので貴重なものですね。

SUBALさんが言うように計算の道具というよりも指数・対数の原理を理解するために必要と考えています。今後も指数・対数の目で自然や社会がどう見えるか、これを考えて行きたいと思っています。
バーチャル計算尺 (SUBAL)
2007-04-05 21:28:14
どこかで余されているのがあったら、ぜひ譲ってほしいですね。サンプルがあれば、パソコン上に計算尺を再現したいです。数年前に探したときに、バーチャル計算尺があったのですが、私の考えている指数・対数の直感的な理解を助ける道具とはずれたものでした。
ちょっと今忙しいのですが、時間に余裕ができたら挑戦してみたいです。
円形計算尺 (271828)
2007-04-06 08:45:24
SUBALさん おはよう

私は教師用の他に2本持っているのでお譲りしても良いです。ご連絡下さい。

円形の計算尺は見たことが無いのですが、現在でも入手可能です。
http://www.concise.co.jp/index.html
注文してみます。これはこれで面白そうです。
計算尺のフリーソフト (SUBAL)
2007-04-08 01:10:25
円形の計算尺、私も注文しました。No.300(直径110mm 両面型)
バーチャル計算尺のフリーソフト、優れたものがすでにありました。こちらのページ。
http://www.pi-sliderule.net/
私などが無い頭を絞ってやる必要は無いようです。サイトでの説明も(全部は読んでいませんが)実に丁寧です。
円形の計算尺 (271828)
2007-04-08 11:46:14
SUBALさん こんにちは

注文した円形の計算尺(No27N)が昨日入荷しました。思ったよりも小さいので目盛を正確に読むためにルーペが必要になっています。老眼ですね。

しかし、円形の方が桁上がり・桁下がりが見やすいという利点もあります。これは私の対数のイメージにぴったりです。
あるんだあ (デハボ1000)
2007-04-09 00:03:17
>(2)丸い計算尺、自動的に桁が上がるから便利・

えっ、売ってるんですかいまでも。!
小さいのも良い! (271828)
2007-04-09 05:04:44
デハボ1000さん おはよう

小さくて目盛が見にくいのが難点ですが、直径が8cmなので胸ポケットにすんなり入ります。いつでも見せびらかすことが出来るので、これは良い!

ネットで注文すると直ぐに送ってくれました。生産中止にならないように、一家に一枚は常備したいものです。
ヘンミの計算尺 (とね)
2012-03-05 21:40:28
今日、ヘンミの計算尺をヤフオクで落札したのですが、もしかすると271828さんは。。と思って覗いてみたらやはり計算尺お持ちでした。(笑)

それにしてもすごいのをお持ちですね!

もしかすると271828さんが中学生、高校生の頃は、学校で計算尺を教えていましたか?
僕の父は工業高校卒ですが、高校時代に計算尺使っていたそうです。(父は昭和10年生です。)

落札した計算尺が届いたら、271828さんとはまた別の角度からブログ記事を書こうと思っています。
タイガー計算機で遊べる喫茶店 (271828)
2012-03-06 05:16:50
とねさん おはよう

ご推察のように私達の年代では中学の技術家庭、高校の数Ⅰで習っています。昭和38年発行の教科書で確認しました。

しかし工業高校ではなかったので使い込んでいません。

前橋には年季の入った個人の計算尺コレクターがいることが分かっています。さらにタイガー計算機で遊べる喫茶店もありますよ。
ヘンミ計算尺、タイガー計算機 (とね)
2012-03-06 13:24:36
コメント欄見落としてました。
教師用の他、22cm(No.2640)と30cm(No.2664S)もお持ちなのですね。
僕が落札したのはNo.2662ともう一つ三角関数や指数・対数関数の尺がついているものです。番号は届くまで不明です。
オークションに出品されているのは安いのから実に高いのまでたくさんありますね。

タイガー計算機もいちど実物を手回ししてみたいものです。
ジャズカフェ (271828)
2012-03-07 04:31:48
とねさん おはよう

タイガー計算機で遊べるお店は以下です。
http://members3.jcom.home.ne.jp/9642nwyz/
秋間梅林で梅を見て、このカフェで遊んで、新幹線で帰れます。
この機械式計算機の他にも理系ココロをくすぐるアイテムが沢山あります。
計算尺の記事 (とね)
2012-03-14 10:34:26
271828さん

僕も計算尺ネタで記事を書き、その中でこちらの記事を紹介させていただきました。
カーソル付きの教師用計算尺(No.101)はさらに貴重ですね。

No.100(教師用)の説明はこちらでご覧いただけます。
http://www.keisanjyaku.com/sliderule/hemmi100k/hemmi_100k.html
カーソル (271828)
2012-03-15 05:21:07
とねさん おはよう

私の持っている計算尺のカーソルは紐がついていて本体に結ばれています。このお陰でカーソルがなくならなかったのは幸いでした。

今、カーソルと言うと「画面上で入力の位置を示す印」ですが、元々は計算尺の部品名だったのですね。
大きな計算尺ですね (totomo)
2013-05-15 21:36:32
271828さんはじめまして。
会社の大先輩にもらった古い計算尺をいじりながら検索していたら、貴ブログに行き当たりました。
大きな計算尺ですね。大きいと精度が良いのでしょうか、それとも単に遠くから見やすいためなのですかね。

ちなみに、リンクされている「おデブと普通の分水嶺」のブログ主は私の実弟です。
精度 (271828)
2013-05-20 05:13:22
totomoさん おはよう

私の持っている大きな計算尺は某工業高校の廃棄品でした。通常品はカーソルが滑らかに動きますが、これはカーソルも単なる木の枠です。ガタも大きいので精度は期待できません。教室の後の席に座った生徒も見えることが特徴でしょう。

>リンクされている「おデブと普通の分水嶺」のブログ主は私の実弟です。
奇遇ですね。最近、私はデブに近づきつつあります。動かねば。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。