えまちゃんと

GTIピレリ日記とチャリ少し

電動パワステ

2013-04-26 | 車関連
電動パワーステアリングが続々と搭載されている。
そもそも、パワステって電動だったんじゃないの?って思っている方は少なくないのではないでしょうか。(私もその一人でした)

従来の物は、油圧パワーステアリングだったのだそうです。
何故、電動にすると燃費の向上につながるか。
それは電動の場合、必要な時だけモーターを作動させれば済む事で、油圧は常に油圧を保つポンプを回しておく為らしい。
さほど新しい技術ではないらしいのですが、操舵感が悪かったりで一気には普及しなかった経緯だとか。

ではなぜ今になって、、
それは、プリウスを初めとするHV車や燃費を稼ぐ車の多くは「アイドルストップ」を搭載する。
つまりエンジンを止めた際に使えないので、一気に需要が高まったのである。

操舵感の改良を重ねモノにしてみたら、車速による重さの変化などをつけやすく、更には軽量化や組み立て工数にもいい影響を及ぼすのは容易に想像がつきます。

私のE90にも搭載されていますが、言われなければ分からないほどに思います。
多分、据え切りで1/4回転させれば感覚の鋭い方なら分かります。

1990年頃のNSXに搭載されていたのだそうです。(国産で最初かどうかは知らない)
なんとそのNSXは現在、2001年モデルあたりの低走行美車だと、なんと1000万を超える車両も珍しくないという。
中身はともかく、今でもいいスタイルであると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見立て

2013-04-24 | チャリ
これは単なる見立てであります。
甥っ子の高校生が、学校への7キロメートル程を自転車通学にするらしい。
中学から通っていたのだが、道幅も広く交通量もさほど多くないので、なかなか良いかもしれない。
往路は上り坂なので、サッカー部の彼には一石二鳥だ。

買値で10万くらいのしっかりした物を選んでほしいと思うのだが「大学に行ったら乗らないよ」なんてホザク。
ならば見た目と安全基準を満たす最低限のラインを薦めるのが筋か。
親側も、なんでママチャリでは駄目かというレベルなので、お安く済ませるのが今回の使命だ。

GIOSのFURBOは、買値で8万ほどであるが勿体ない。
MASIのSTRADAとか、つい大人目線になってしまうが、彼は高1だ。
買値で7万ほどの「DEFY3」あたりが大本命なのでしょうけれど、まぁ自転車にさほど興味がなく見た目重視の彼には地味に映るだろう。
よって、今回勧めたのは「FUJI ROUBAIX CUSTOM」である。
適度な太さのアルミ艶消しブラックフレームに、カーボンフォークを奢る。
ハイトリムのホィールが同級生を圧倒し、トップチューブ、ヘッドチューブ、Fフォークの塗り分けはシャレ感を引き立たせるだろう。
コンポはSORAであるが、今の時代9速なのである。(おいおい67アルテと1速違いか)
なんとも纏まりがいい。(下駄車として自分が乗れる)

日本で生まれ、アメリカで育ったという「FUJI」ブランド。
ここの所、本当にセンスがいいじゃありませんか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とどめを刺す

2013-04-22 | 車関連
他社を引き離し、更なる高みに登ろうとしている。
世界初の「直噴+リーンバーン+ターボ」の量産に成功したメルセデスである。

シェールオイルに注目されたり、海底油田に関心が高まっているが、これらは当然に掘りやすい場所ではない。
簡単に掘れるところは、もう掘り尽くしているわけで、これからのトコは、政治的に未解決部分であったり、深い海の底や山岳地帯であるという。
更には、こういった地下資源は出てきたものを精製をするわけですが、この精製施設がかなり大規模なものが必要であり、建設に要する時間がそれなりに必要であるらしい。
世界における自動車増加のスピードは早まっており、2020年には現在の1.5倍の15億台になるとの試算であるらしい。
よって、今の掘削・精製設備では、その増加スピードには間に合わないという事である。

そこで先進諸外国では実施されていた、メーカー全体での燃費規制を我が国も実施することになった。
つまり、燃費の悪い車を作るなら、その分燃費の良い車を作ってチャラになる。
基準より下回れば、罰金を科されるという仕組み。
現状国内では、燃費の良い車へ補助金や優遇措置をとっていたが、ようやく先進国らしい環境規制が整うのである。

話は戻るが、燃料の生産が間に合わない分、燃費を良くする事に各社しのぎを削っている。
トータルで、現状より1.5倍の燃費を稼げれば足りるって事になります。

各社ダウンサイジングに血眼になっているのは、この為です。
ローバーやキャデラックまでもが2Lターボを積んでいるのだから、これは流行などではなく死活問題なのであろう。
日本の大都市圏の様な乗り方は、トヨタを初めとするHVに有利なのであるが、EU圏や大陸などの長距離一定走行ができる地域では、ダウンサイジングEgやクリーンディーゼルに逆転される事も珍しくはない。
プリウスをはじめとするHV技術は凄いが、「直噴+希薄燃焼+ターボ」もかなり凄いのである。
日本メーカーもHVの量産、進化は当然の強みとして、更には内燃機関の追及を再開して欲しいと願う。
それでこそ、鬼に金棒ではないか。
家電や通信機器がぼろ負けの今、一つでもブッチギリが欲しいじゃありませんか。

画像は、世界初を積むマイナー後のEクラス(これはE63 AMGですけど)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Der Erste

2013-04-19 | 車関連
もう皆さんご存知とは思いますが、新型(7型)ゴルフの導入記念モデルの先行予約が始まっている。
その名がタイトルであり、デア エアステとか。
コンフォートラインとハイラインで、計2千台の販売らしい。
今までもこういった売り方をしていたかは知りませんが、なかなか面白い。

プリクラッシュブレーキ、レーンキープアシスト、アダプティブクルーズ等は標準装備らしい。
これでディーゼルを積んでいたり、新型エンジンであったならバカ売れであろう。
いやいや夢を語っただけで、MQBシャシによる大幅な軽量化や剛性アップ等を考えれば素晴らしい進化である。
やはり6型から7型では、次の世代へ進んだと言えよう。
5から6へ食指が動かなかった方も、今度は動かざるを得ない部分は大いにあるかと思います。

以前7型GTIがいま一で、それ以外の方がいいなんて書きました。
それ以外の方が良いかは分かりませんが、ちょっと驚きましたねタイトル画には。
今までGTIには専用のエアロが装着されていましたが、それ以外の車両にはオプションでもそういったものはありませんでした。
これ程までにボトムアップをしているEg性能を考えると、GTIを購入しないまでもスポーティな外装を欲する方が潜在的に居られたのは不思議ではありません。
ましてや、Mスポやアバンギャルドの売れ方を見ると、動かずにいられなかったのでしょう。
このフルキットの装着を予期していたかのようなその姿は、凛々しくもあります。
値段にもよるのでしょうけれど、7のハイラインのフルキット仕様は売れるでしょう。
きっと、30%を超えていたGTI率が下がると予想するのは、乱暴ではないと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トレーナー専用タイア

2013-04-16 | チャリ
3本ローラーと云えど、後輪は減る。
予想では履き替えるまでもないと思っていたが、思っていたよりも減り、「S-WORKS」なので、もったいないと思った次第。
リアを、コンチネンタルのホームトレーナーに替えた。
戻すときには、前輪と後輪のローテをかけようと思う。

トレーナー専用タイアは、減りを気にしなくてよく、更に騒音対策にも秀でているという。
ずっとオレンジ色がトレードマークであったが、普通の黒になっていた。(ちょっと面白みがない)
久しぶりにタイアの交換をしたが、このタイアはキツイ。
揉んで伸ばして頑張りましたが、最後はタイアレバーが絶対に必要である。
そこで、、噛んでしまってR-Airをダメにしてしまった。残念無念。

本当にきついタイアは嫌いであるが、チューブをダメにしたのは久しぶりである。
やはり夜遅く、さっさと片づけてしまおうなんて作業は駄目ですね。

巷ではF12が騒がれているが、私にとって最高の造形美は、599GTOである事に変わりはない。

ハワイにさえ行ける気がしていない今、労働の対償として買える筈がないのだろう。
10以上前にやめた宝くじを、再開しようと真剣に考えている。
当たったとしても買うのは「911カレラ」であるのは言うまでもない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tバック

2013-04-14 | チャリ
タイトル、狙いました。
形状が似ているだけで、別物の話であります。

ローラー台を漕ぐようになり、気温も上昇して参りました。
サーキュレーターを当ててはおりますが、あまり強くしても冷えすぎてしまいます。
弱で回して、適当に汗をかく程度が気持ちいい筈。
あの体勢では顎から汗が垂れますので、カーボンと云えどマシンを汗まみれにしたくはありません。

そこで登場するのは「スウェットパッド」です。
この形状が、正にTバックに似ているのです。
大して選択肢はなく、エリート、タックス、ミノウラくらいが良く知れていると思います。
形は似たようなものですが、マシンとのマッチングは欠かせません。
私は、タックスのシルバー×ブラックにしました。
中々のマッチングかと。

Tバック同様、面積が非常に小さいので、汗かきの方や太っている方などは途中で絞るとも聞きます。
まぁペダリングの邪魔にならないような形状だと、コレになるのでしょう。
それにしても、外を走りたいなぁ。
大よそ、今年の飛散量の7割程度が終わったと聞きました。あと一息だなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VW再び

2013-04-12 | 車関連
驚かせて申し訳ない。
買い替えていませんです、はい。

知人で、VW車を検討している者が出ました。(嬉しい)
しかも、パサートのオールトラックをUsedでという。
勝手知ったる山男である。強靭な体力を持ち、仕事にプライベートに全力を惜しまず。
正にこういった人に乗っていただきたい質実剛健車である。
とはいえ、只のパサートはかなり地味であるが、オールトラックは一ひねり効いています。
30ミリほど上がった車高に、18インチをさらりと決めて、GTIと同じ心臓を積む。
あのバンパー下のシルバーのガーニッシュに左右2本だしのマフラーが良すぎる。
もう、悪いわけがありません。

いや、良くもないのは高値って事でしょうか。
新車価格494万に対して、380~420万のUsedしか出ていません。
何せ球数が少ない上に、発売後1年未満である。
まぁこれでコナレロという方が無理かもしれません。
400万弱で、ほぼ新車が出ています。
ナビも付いたりしているので、昨年モデルでありますがお得ではあります。
ディーラー側も、新型車でのノルマがあったでしょうから、今残っているのは12年モデルが多いはずです。
新車で最低限のナビを装着し、値引きを含めて470万くらいでしょうか。
12年モデルの乗り出し価格415万位とすると、微妙な価格差ではあります。

一番の違いは、年度によるランニングチェンジでしょうか。
もちろん見た目は何一つ変わっていないでしょう。
しかしメーカーでは、専門家やユーザーからの意見をフィードバックして細かい調整を行います。
初年度モデルは得てして角が取れていないとも云われます。
サス等の調整がメインであると思いますし、DSGに関してはもうこれでもかという程に熟成されています。
試乗してみて、固さが気にならず、希望の色があれば12モデルもGoodでしょう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

一抹の不安

2013-04-10 | 車関連
何とも不吉なタイトルである。
これは当然、320に対して感じる事である。

スタイル、質感には満足度が高い。
しかし走りに関しては、総合的に大満足ではないのかもしれない。(嫌だな書くの)
まずは、GTIに体が慣れ過ぎているたせいもあるかと思う。
例えば、最初はちょっと不気味にさえ感じた着座位置の高さ。しかし今、あれが気持ちよかった事に気付く。
座面からフロアまでの高さがしっかりと取れていて、足の落ち着きが良かった。
更には、レカロシートの出来であろう。
あれ位の固さとシッカリとした形状のシートに慣れると、Mスポのシート位では満足できない。
これに、バカの付くほどの剛性感を持ったステアリングフィールは正に小気味いい雰囲気を演出した。

もちろん320Mスポが悪いわけではない。
方向性の若干変わった車両に、私がついていけてないのである。
GTIを手にした時の感動は、それまで乗っていた9-3との落差に起因する部分もあるのでしょう。
あのGTIを手にした時の「何処までも走っていきたい」とまでは感じないのが本音である。
これはクルージングに重きを置いてあるスポーツセダンと、やんちゃなホットハッチは別の乗り物であるという事。
さぁ、慣れよう慣れよう。。

話変わるが、先日の海外赴任から戻った知り合いの話である。
もうちょっと話を聞いてみれば、SUVに8割方決めているという。
フリラン2ではインパクトに欠けるので、イヴォークを勧めた、気に入った、よしっ。。
しかし、年内の販売分は完売しているという。
何でも世界的に売れているそうで、日本への割り当ては50台/月であるそう。
待てないので、ボツ。
そこから、どんどん大きくなっていってディスカバリーやML350と途轍もなく大きくなっていった。
最終的には、私の手から離れ、3列シートとクリーンディーゼルの選べるX5に決まったそう。
ここまで高価な車両を購入するとは、全くの想定外であった。
確かに見栄えはするだろう。しかしサイズを持て余すだろうとも思う。
まっ乗る人が良いと思えば、それは最高のパートナーになるのだろうから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

N43B20A(直噴+リーンバーン)

2013-04-08 | E90
試乗は当時、新車ディーラーで行っていた。
その時のフィールは、本当によく走るようになった。が、かきむしる様なパワーに満足していた私には足りなかった。
数年経った今、この足りない感が心地良くなってきたのである。
とはいえ、足りないことはありません。何時でも気持ちの良いトルクカーブを享受できるのは何よりの新しさ。
ベタ踏みにしなければ、GTIにも劣りません。

当初まだまだと思ったパワーですが、これがちょっと長く乗ると違いが見えてくる。
VWなどは、常にギアを上げれるだけ上げて低回転での走行を常態とし、踏んで過給機を使う。
これに較べ、VW等よりも常に1速下のギアで走り、1600回転以上を保つことが多い。
これが気持ちいいのだ。トルクを足の裏に感じる走りとでも申しましょう。
スペックだけでは分からないものだと、つくづく感じました。
まぁこれが逆(自然吸気→過給機)であったなら、また新しく感じるのでしょうけれど。
凄いのは、この1速下で走るにも関わらず燃費がGTIを上回る点でしょう。
これはリーンバーンでなかったなら、あり得ない数値でしょう。

そしてアイドリングから、ディーゼルの様な音がするのには驚きです。
この第四世代とも云われる自然吸気で成層燃焼方式だからでしょうか。
高圧インジェクターから発されるとするノイズだそうです。
車内で「これディーゼルなんだ」といえば、殆どの人は信じるでしょう。
その音同様、本当に下からトルク感のある力強い走りをしてくれます。
正にコレ、こういった新しさを求めていたのです。
常々書きますが、「今何に乗っていて何を欲するか」これに尽きますね。

第三世代と云われるVWの「直噴+ターボ」エンジンでは、ノイズなどほとんど感じませんでした。
これも逆であったなら洗練されたなんて書きそうですが、ディーゼル流行の今、嫌いじゃありません。
足回りに関しては、GTIからすぐさま乗り換えれば、クラウンか?と聞きたくなるほどしなやか(ヤワ)です。
よく言えば、E46のMスポに較べ懐がぐっと深くなった様な乗り心地です。
200キロほど走って、ようやく慣れました。
キッと曲がれば、キッと動くいい脚です。

他に気が付いた事は、E90型になって高級車になったこと。
プレミアムとはいえ、走りに特化したスポーツセダンであったと思う。
しかし、バック音一つでも高級を感じたのでした。
それにしても、「中古車」っていいですね。もう止められません。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リフレインが叫んでる

2013-04-06 | E90
やはり車の乗り換えはドキドキする。
大枚をハタクのだからそうでなければ困るけれども。(大した額ではない)

今回、訳あって乗り換えと相成りました。
GTIには、丁度4年乗ったことになります。
DSGには新しい時代を感じさせられ、この上ない喜びもたくさん味わいました。
とはいえ、時代は常に進んでおります。
私はこよなく車を愛でますが、同じものを長期間維持するのは好きではありません。

それは、常にそのフィールドで留まりたくないからに他なりません。
人生のうちに、少しでも多くの物に触れ、味わいそして発信したいのであります。
私程度の者が何を言っても大勢に影響はありませんが、でもユーザーの意見は大事です。
これは、何の世界でも一緒でしょう。
ここをおざなりにする企業は栄えませんから。

車検を取ったばかりではありましたが、探していた車両が見つかった事。
そして、GTIの買取額が想像以上の高額となった事で決断した次第です。

今回は、本当に散々迷いました。
ハッチバックに拘ったばかりに選択肢が狭まったのが一つの要因でしょう。
よって、スタイルも取っ払いました。
唯一拘ったのは、駐車場の関係で全幅1.8M程度以下という事です。

新しいものに触れるという事で、
1、ダウンサイジングした過給機Egではない事。
2、できればFF駆動でない事。
3、VW、Audiグループでない事。
こんな事を考えながら絞っていった。
無論、スタイルに惚れこまなければ問題外であるが。

おぼろげに浮かんできたのは、E87とE90である。
つまり、先代の130と先代の320です。
先代なのは資金面からくるものでありますが、新型のボンネットフードとキドニーグリルの切り方が好きでないのも大きいです。
あの切り方になってからの先端部分の高さやホイールハウスから上方向の厚みがキライです。(まぁ買えない人間のヒガミ)

BMWの6発には2度乗っているが、2Lと2.2Lでした。
本当にプロペラ印を語るなら、2.8L以上を体験したいというものです。
ハタマタお初の4発というのも捨てがたい魅力があるものです。
あの鼻先の軽さと、効率の良いエンジン。
つまり世間がHVと騒がれていた頃、更なる内燃機関の追及を意地で行ったともいえる直噴である。
N43B20Aであるのだが、なんとMTでは08モードでLあたり18キロを超える燃費性能を身に付けた。
これには、可変バルタイは勿論の事、リーンバーンも導入されていた。
E90の最終型に載ったものです。
LCI以降でも、直噴とそうでないものがあります。
この最終型直噴は、170馬力と21.4キロのトルクを稼ぎ出す。
つまり、私が乗っていたE46のM54型2.2Lに匹敵するのである。

もうお分かりですよね。3度目の320にしました。
我VWファミリーの皆さん、一足先に抜けてしまった事お許しを。
フィーリングは次回。

挿し絵は、ドキドキで検索したら、やっぱり。。プリキュアだよね。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加