えまちゃんと

GTIピレリ日記とチャリ少し

I.W.HARPER

2011-06-29 | Weblog
暑くなりました。
ビールのうまい季節ですが、飲みすぎにはお気を付けください。

私、ビールは勿論ですが、ハイボール好きであります。
当初は「角ハイボール」を飲み、なんて美味しいのだろうと思ったものです。
あの飲んだ後の微妙な甘さが糖類からくるものだと知らない人が多いみたいです。
このハイボールブームには、この甘さが幾分関与していると思われます。
確かに飲みやすいです。

私は、角を卒業し、ハーパーのハイボールを好んで買うようになりました。
店によっては、角より安い。
10円くらい高くたって、断然ハーパーやフォアロゼを買います。
売っている店が少ないという実情はありますが、ハイボール好きならばぜひ一度飲んでみてください。
一日の疲れを癒し、異国に思いを馳せる。

この商品名、創始者のイニシャルと無二の親友の名前を冠したという。
何ともいいネーミングじゃないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

This is light!

2011-06-28 | チャリ
先日ターマックに乗った、半年振りに。
やはり、ビビットなカラーリングが美しいし、ヤル気に溢れているマシンに跨ると無理をする。

何だか、この手の自己満足をタラタラ話すのがイタダケナイのは重々承知している。
よって簡潔にしたいのだが、、
1、途轍もなく軽い
1、ハンドリングが冴え渡る
1、静か
1、疲れる(これは見得からくるもの)

そもそも10万円ちょいの完成車と比べるべき物ではないのでしょうけれど。
しかし半年もクロモリに乗っていると、「こんなので十分なんだよねー」なんて思ってきたりする。
やはり、別次元のチャリである。
大げさに言うならば、10万のMTBから10万のロードの違いくらいあるのではないかと思う。

このギャップを味わうために、半年間一度も乗らなかった価値は十分にあった。
とにかく、冬場のトレーニングにはなりました。
しかし、2.5kの差は途轍もないものだ。
車でいうならば、同じエンジンを積み、車重1000キロと750キロって事でしょうから。
もっと分かりやすく言えば、マーチに一人乗車と五名乗車のような違いか。(ちょっと強引な例え)

軽さ以外に顕著に感じたのは、ハンドリングでした。
フロントなんて当然にカルカルですが、体幹を意識して下ハンでも握ろうものならば、ビシッとした直進性と少しの体重移動での切りこみが可能である事に気付く。
この素直で反応の早いハンドリングが、シビアに峠を下る時などにアドバンテージとなるのだろうと思う。(私には縁のない話ではある)

まぁ、10キロもあるクロモリと比べているからで、8キロ台のアルミあたりとでは、又感じる印象がガラリと違うのだろう。
何にしても、乗り物って面白い。このフィールの違いを感ずる事が幸せなのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泳ぐ

2011-06-27 | Weblog
この夏は、久しぶりに制約から解放されて沢山遊ぼうと考える。
毎年、クラゲの出る頃でないと海水浴ができなかったが、今年は7月の後半から行くつもり。
以前話題にした、沖縄についても申し込み済み。
久しぶりに、青い空を満喫したい。

気が付けば、海にしていく時計がない事に気付く。
ここのところ新調するのはスカーゲンばかりで、海にはあまり馴染まない。
この季節の休日に、気を遣わずにガンガンできる代物が必要と。
BBQで燻られようが、砂地で擦られようが気にならないタフなやつ。

タフとくれば、G-SHOCKを思い浮かべる。
しかし、洒落てなければつまらないし欲しくもない。
この夏、休日限定でスカーゲンに変わるのはこれ。

何とも、G-SHOCKっぽくないところがいいし、計器をモチーフにした文字盤や、鏡面文字など斬新である。
ちょいと前のモデルらしいが、このカラーは海外向けの逆輸入品となる。
腕も気分も軽くなる様な一本である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DIVA

2011-06-25 | Weblog
ディーバってよく耳にします。
歌姫って云われる方のたくさんいること。
呼ばれるからには実力があるのは当然なのでしょうが、上手ければ皆聞きたいと思うわけでなし。

ここのところ気に入っている歌姫が二人。
偶然か、二人ともあどけないほど若く、小柄だ。

一人は、西野カナ。
初めて「if」を聞いたとき、電撃が走るほどに気に入った。
一人は、シャリース。
ご存じ、アジア人で初めてビルボードチャートのベスト10に入った彼女。
ちょっと前に、彼女の特集番組を見たのだが、昨日タワレコで視聴をしたら、レジに並んでいた。
「ピラミッド」いい曲である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腹いっぱいのナポリタン

2011-06-24 | Weblog
外食の際、初めて入る店や、そのたたずまいから少々の不安を覚える店などの場合、ナポリタンを頼むことが多い。
やはり定番は外れにくいし、味が足りなければタバスコを振ればよいと考える。

想い出のナポリタンといえば、横手(秋田)だろう。
20年近く昔になるが、駅からほど近いホテルの1階にあるレストランで、当時500円だった。
昨今の低価格競争では珍しくはないが、当時は地方との価格差に驚いた事を覚えている。
清潔感のある店で、十分な味と量に、毎週でも食べたいと思ったほどである。

さて、そんな私が昨日も初めての店でナポリタンを食した。
都の施設であったので、価格は430円。量は大盛り、味も上々で久しぶりの当たりに嬉しい。
麺がダメであったり、ソースがいかにもってのが多い中、この味と価格は貴重だ。

その他、高速のサービスエリアで、ご当地のお勧めが好みでない場合、決まって頼むのは「生姜焼き定食」である。
こいつも外さない4番バッターである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TURBO

2011-06-19 | チャリ
このタイトルは、どうみてもジャンルは車の筈。
しかーし、今回はチャリなのであります。

ターボとは、スペシャライズド・ロードタイアのニューカマーでございます。
スペシャブランドのタイアは昔からありますが、どちらかというと中価格帯の物がメインでした。
ニンバスやアルマジロ、フラックジャケット等は聞いたことがあるかも知れません。
クロスバイク等には、良い品が沢山ありましたが、ロードのトップエンドといえる品がありませんでした。(つまり、コンチ4000やアルトレモ等と戦える品)

そこで、満を持して投入されたのが「S-WORKS TURBO」です。
定価6,300円で、200gを切ります。
耐パンク性能もblackbeltで抜かりはありません。
確か、この下にターボプロがありますが、フレームがエスワークスでないので、せめてタイアだけでもって事です。

サイドのレターは、特段目立つ物ではありませんが、実際に彫りこんであるネームには拘りを感じました。
チャリのタイアのサイドって、型押し程度の立体感の物が主流です。
しかし、この品にあっては「ポテンザ」を彷彿とさせるものがありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初乗り快速

2011-06-18 | Weblog
一昨日、仕事で川崎へ行った。
移動の際に南武線に乗りましたが、始めて快速に乗りました。
ずっと昔から南部を知っている人には、懐かしの(幻の)快速です。
かなり前に快速を走らせていた時期がありましたが、駅の拡張工事が進まない南部沿線駅には、抜ける駅が無いのです。
つまり、急行を走らせるって事は、前のダイアを離す事。
まぁどっちが便利かわからずに廃止になったとか。

そいつがカムバックしてきたのだから驚きです。
今現在も、抜ける駅はなし。
しかも、登戸以北は全駅停車。
毎時2本と微妙だが、33年ぶりの復活に乾杯。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

COMODO

2011-06-16 | Weblog
タイオガのCOMODOを入れてみました。
安いのに質感が良い、気に入りました。

といっても、私のチャリではありません。
兄の乗る「スペシャのシラス」にいれました。
元々は28Cを履いていたのですが、私が使って飽きた23Cタイアを組み込んでおりました。
走るといった使い方ではないので、実用本位に30Cへと交換です。

やはりこの位の太さが似合います。
確かに重くなったみたいですが、なんとも安心感のある乗り心地になったとか。
パターンも、変に凝っていないのが美しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VIVA NIKKO

2011-06-15 | Weblog
まずは、日光の感想を一つ。

先日は、十数年ぶりに慰安旅行っぽいものを味わいました。
貸し切りのバスに、日光、年配者の多い旅行で、お付き合い程度に思っていたが、これが中々おもしろい。
こういったものが、日本文化から消えていくのは惜しい気さえする。

確かに、年配者はお土産屋さんを梯子する。
本当に欲しいのかと心配になるほど買うのである。
でも、こんな消費ってばかにならないのだろう。

ありきたりのコースではありましたが、印象深かったものが二つ。
一つは、わたらせ渓谷鉄道で、もう一つは富弘美術館でした。
わたらせは、昔の足尾線です。
休日にはトロッコも走りますが、月曜乗車であったので通常の車両でしたが、これまた雰囲気があって最高。
神戸から大間々まで乗車しました。

富弘美術館とは、インカレにまで出場した選手が先生になり、わずか2か月で全身まひとなってしまった
星野富弘氏が口に筆をくわえて文や絵を書いた作品だけの美術館。
久しぶりに、心を震わせられる体験をしました。
世界的に活躍されているのが一目瞭然であった。
応援するなどとは、おこがましくて言えないが、感動をありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休み癖

2011-06-15 | Weblog
ご無沙汰です、すっかりと。
少し忙しくなったせいもありますが、更新を休んだらズルズルとしてしまいました。

よく見に来ていただいている方には、つまらないクリックをさせてしまって申し訳ないです。
また頑張りますので、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加