えまちゃんと

GTIピレリ日記とチャリ少し

日産

2010-10-31 | 車関連
やった、日産!
すごいぞ、日産!

バイブリッドのフーガも、GT-Rのエゴイストもそうだが、DUKEのターボ仕様が11月に発売という。
1.6Lの直噴にターボを装備し、190馬力を叩き出すという。
確かトルクは24kg位だったかと。
こりゃいい、VWのお家芸を掻っ攫う勢いだ。
もちろんトータルバランスではまだまだ及ばないのだろうが、この方向性は勇ましい。
明らかに、保守側にいたのでは生き残れないとのスピリットが伺える。

このジャンルでのムラーノ-デュアリス-ジュークという構図は、BMWのX5-X3-X1といったところか。
エクストレイルの完成度はクリーンディーゼルの投入と6ATにより更なる高みにあるので、このラインとは別だろう。

ムラーノは個人的には大き過ぎるし、北米に向いていると思わざるを得ない。
かと言ってデュアリスでは車格が及ばずと思っている人は多いと思う。
次期デュアリスの質感を向上させ、Egのダウンサイジングと強化を行い再投入すれば良いポジションを築くような気もする。
がんばれ日産。

画像はムラーノ-2011北米モデル。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベスト オブ パナマ

2010-10-29 | お気に入り
奥深い、実に。
自身コーヒー通を気取っているが、まだまだである。
何をもってして美味いのか、基準の置き所が難しい。

最近は特に当たりの柔らかなものを好み、どちらかと言うとくせの無い豆を買う事が多い。
しかし、ストレートとの並行飲みで感覚を養うのが自分流。

先日、いつものMAME`Sで高級種を奮発した。
その名も「ベスト オブ パナマ
品評会で国際最終審査を勝ち抜いた20品のみが、2010ベストオブパナマを名のれるのだそう。

いつもの様に到着後すぐに飲む。
焙煎の翌日となるから、味が落ち着かない(と私は感じる)。
3日ほど置いて、飲んでみると豊満なボディが感じ取れる。
雑味の無いテイストは紅茶を思わせるほど澄んでいる。そして何とも気高い崇高な味わい。
煎りはハイロースト程度の薄っすらとした色合い。
この煎りも探求の果てにたどり着いたポイントなのだろう。
もう少し深ければ、これ程に上品な味わいではなくなるであろう。(と思う)
如何でしょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

G11

2010-10-28 | お気に入り
来年の春、G11が発売になるという。
そうAUのiida G9の後継モデルである。
私は現在G9を使用しているが、何ともレスポンスの悪さには閉口気味。
只デザインの良さで使っているようなもの。(ワンセグはなかなか)

使いづらかった上側ボディのキーが無くなり、殆どが下側ボディに納められるという。
シングルタッチ対応のタッチセンサー、スナドラを搭載し、ステンボディによる更なる質感の向上。
またソニエリにしてしまいそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリート・コルサ

2010-10-27 | Weblog
エリートのボトルがランニングチェンジをして、コルサとなった。
画像右側のタイプが何というネームが付いていたか知らないが、随分と昔からあった様に思う。
カラーリングはちょくちょく変わるが、ボトルの形状は目新しい。

単品で見ると随分と垢抜けたように見える。
しかしケージに入れてみると、思っていた以上に目に馴染まない。
今まで、Tacxにしてもポラールにしても上が莟んでいたので、この形状は頭デッカチに見えるのだ。
まぁ氷も入れやすくなったみたいだし、そのうちに馴染むのでしょう。
カチューシャを好んで使うが、単にフレームとの色のバランスが良いからであって他に意味はない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とんき

2010-10-26 | Weblog
先日セミナーがあって、始めて国分寺へ行った。
午前と午後の通しのセミナーであったので、昼食時にふらふらと駅へ向かった。
ランプ亭にでも行って、牛丼の偵察でもするかと考えていたのだが、馴染みの文字が目に飛び込んだ。
最初はまさかと信じようとしない自分。
良く見れば、目黒とあるじゃありませんか。

そう、「目黒のとんき」とんかつやでございます。
私はここの大ファンで、わざわざ用もないのに目黒まで行ったりしたものです。
最近は小さい子供がいるせいかご無沙汰でありました。
そこにきて、都下にあるなんてウレシイを通り越す勢い。

夫婦2人で切り盛りしている小さな店舗。
白木のテーブルと清潔な佇まいは此処でも健在。
また一軒、お気に入りの外食先が増えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の松屋

2010-10-23 | Weblog
久しぶりに松屋の牛丼を食した。
何年ぶりか分からぬが、記憶していた味からは随分と甘さが抜けた。
思い違いではない筈。
きっと松屋は時代と共に味が流動するのだろう。
それが良いと思う人も居るだろうし、当たり前と考える人も居るだろう。

ここで思ったのが、吉野家の味って宣伝文句ではないが、伝統の味だ。
ポルシェが何時の時代も911であり続ける事に意味があるのは言うまでもない。
それと一緒だ。

何やらフードコメンテーターやら、経済評論家気取りの人たちが、いつまで米牛でやっているつもりだなんて言ったりしているが、大きなお世話だ。
松屋の牛丼は、高速のSAで頼んでも食べられそうな代物だ。
確かに吉野家も不味い店はある。しかし吉野家は、吉牛を食べたくて足を運ぶのであって、「何かを食べなきゃ」じゃない人が多いのだ。(と思う)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シガニー姉さん

2010-10-20 | Weblog
先日、アバターを観た。
もの凄い興行成績だったと聞いていたが、どうも青色に馴染めなそうで足が向かなかった。
しかし、どこかの書き込みで「始まってすぐに青いことが気にならなくなった」とあった。ましてやキャメロン兄さんの作品らしい。
もしやいけるのか、と考えて飛び込んだ。

今上映しているのは、特別偏といった16分ほど付け足したものらしい。
正直、ちょっと手の込んだアメージング位に思っていた。
しかし見終わった今、エイティリに惹かれた。(青くてもイイ女はイイ)

大雑把に言えば、「PLANET OF THE APES/猿の惑星」に近い雰囲気を感じた。
しかし決定的に違うのは、感情移入できる点だろう。
何の前知識もなかったので、青色以外の人間が出てきてビックリした。
しかもシガニー姉さんがエイリアンでのキャラまんま出ているではありませんか。
ストーリーは何てことはないのだが、人物像が上手い。
とりわけ個性的過ぎるキャラを青色の中に登場させないのは良かった。
あれでツーテイが強すぎると「ラスト・オブ・モヒカン」みたいになっちゃうし。
彼の紳士的な態度がナヴィ族を引き立たせた。

あれほどの艦隊での攻撃が必要なのかと思うし、あんな規模の空中戦をやる為に鳥に乗らせたのかなぁ。
しかし、ジェイクが鳥に乗れるようになったシーンは胸の空く思いだった。
それは良いとしても、この映画3Dでなくても良いのでは。

いや、全ての映画に3Dなど必要ないのだろう。
つまり映画業界の生き残りをかけた新事業なのだろうと思う。
冷え込む映画業界、シネコンの乱立、集客率の悪化。
見る側にとっては、空いていて、近くに出来て便利になったが、業界は苦しいだろう。
こんなに映画館が出来て、何だか必要のない地方空港みたいに思えてくる程。
昔のように映画が大きなウェイトを持たない現代においては、観に来てくれる客層を増やすよりも付加価値を付けるべくといった所か。
+400円は高いよ。確かに映画館きれいだよ、尻も痛くないよ。
でも正規でアバター観たら2,200円ってねぇ。

金とは別に、メガネはやはり面倒だし、画面が暗くなるし気に入らないよ。
大体、この手の映画でさえドキドキするほど3Dに感じないしね。
吹替え版だったのだが、ジェイクの声はERのゲイツだった。ついでにクオリッチ大佐はデスパのカールだったな。(吹替え声優には敏感)

色々と申しましたが、この映画当たりです。
1,900円で観ましたが、十分価値あり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横山秀夫に嵌る

2010-10-19 | Weblog
途中まで読んでそのままにしていた小説を、再度最初から読み終えた。
それは「クライマーズ・ハイ」
最初にドラマを見てしまったので、こんなにも重みのある台詞だったのかと関心をしながらも展開が読めるので読みかけてしまった。

今年、日航123便のその日が近づくにつれ、TVなどで話題になり、追悼の意味を込めて読みたくなった。
一気に読んだ。だらだらと読むような小説ではないと思った。
歴史に残る大惨事での男と男のぶつかり合い。
今度は又、ドラマが見たくなった。

そして今、横山秀夫にハマル。
この人の小説も「男」が量産だ。
ただいま「半落ち」中。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やるじゃん

2010-10-18 | 車関連
昨日、はじめて新型マーチを見た。
最初物陰から見えたのだが、欧州車かと思った。(シトロエンとか)
特にお尻は異国情緒たっぷりに見える。
雑誌やネットでガッカリした人に是非実車を見ていただきたいと思う。

帰ってきてから、カーグラTVを見たら丁度マーチの回であった。
この世代から全て海外生産に移ったらしい。
映像で見るより数段印象は良いのであった。

伝統である先代イメージ払拭には及第点が与えられるチェンジだ。
エンジンが新開発の3気筒に、更にアイドリングストップ機構。その成果26km/Lという低燃費は十分魅力的だ。
低速からトルクも十分で、足回りも良いと聞く。
タイ製の品質と乗り味に触れてみたい。久しぶりに試乗に行きたくなった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

筆下し

2010-10-16 | Weblog
よく新しいバイクや大物パーツを最初に下ろす時、モータースポーツに習って「シェイクダウン」なんて言葉を使われて久しい。
しかし私の場合は筆下しって感じでしょうか。

さて、Racing1で走ってみました。
とはいえ、検査入院を挟んで予後経過観察もあったりして、1ヶ月ほどチャリに乗っていなかったので感覚が何とも曖昧で残念。

それでも感じる事が出来たのは、、、
1、振動の収束の早さ
2、35キロ以上でのスピード維持のし易さ
今日感じたのは、この2点のみです。
いいホイルだなぁ。

話変わるが、先日友人から「チャリに乗って何がそんなに楽しいか?」と聞かれた。
その場は、短時間で効果的に心のリフレッシュと体のトレーニングが出来、尚且つ肉体年齢が若くなるとか、乗る事自体楽しいし、弄るのが又たまらないと話した。

その後に、この質問を改めて考えた。
乗っていること自体はマラソンに似ている。マラソンなどとは対極にある自分、ならば何故好きなのだと自問した。
答えは、フェラーリだ。
そう、バリバリのロードレーサーで街道やサイクリングロードを流すのは、正にフェラーリで公道を流す感覚に似ている。(と思う)
つまり、店舗のガラスに映る自分に酔えるのだろう。

ここまで書いたが、「ならばクロスバイクで走るのが楽しくないか?」と聞かれればノーだ。やはり乗り物が好きなのだろう。
きっと本当のレース志向の方やトライアスリートなどはマラソンに近いのだろうと思う。

画像は599GTO
コメント
この記事をはてなブックマークに追加